『最愛』大輝「梨央が好きやよ」再び! 視聴者のキュンが爆発「反則」「今年の流行語で決定」

『最愛』大輝「梨央が好きやよ」再び! 視聴者のキュンが爆発「反則」「今年の流行語で決定」

ドラマ『最愛』第9話場面写真(C)TBS

女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)の第9話が10日に放送され、大輝が「そんな梨央が好きやよ」と伝えるシーンに、ネット上には「反則でしょうが!!」「今年の流行語は『好きやよ』で決定」といった反響が巻き起こった。

 梨央が社長を勤める「真田ウェルネス」に寄付金詐欺疑惑が浮上する。週刊誌がこの話題を報じると世間では瞬く間に反響が広がり、さらに転落死した記者のしおり(田中みな実)と梨央の接点までも報じられることに。記者たちは梨央の動向を報じるため真田ウェルネスのビルにとどまらず、彼女の自宅マンションも取り囲む。

 ある日、梨央が自宅マンションに帰ると、敷地内にも記者が潜んでいて厳しい追求を受ける。するとそこに大輝がやってきて警察手帳を見せながら「建造物侵入罪で逮捕しますよ」と記者を追い払う。

 家に入ると梨央は「バチが当たったんかなぁ…ウソもついたし、いっぱい隠し事もしてきたで…」とポツリ。この言葉を聞いた大輝は「梨央はずーっと真面目に一生懸命生きてきたやろ…俺はそういう梨央が好きやよ」と優しく声をかける。

 第1話で大反響を呼んだ“好きやよ”の言葉が再び大輝から発せられると、ネット上には「はい! 大ちゃんの好きやよいただきました!!」「大ちゃんでば…もう」「大ちゃんのナチュラル好きやよは反則でしょうが!!」「今年の流行語は『好きやよ』で決定」などのコメントが相次いだ。

関連記事(外部サイト)