『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』第1弾ビジュアル解禁 悟飯、悟空ら&新キャラ集結

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』第1弾ビジュアル解禁 悟飯、悟空ら&新キャラ集結

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』第1弾ビジュアル(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

2022年に劇場公開される『ドラゴンボール超』シリーズ最新作『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』より、悟飯、悟空らメインキャラクターと謎の新キャラクターが描かれた第1弾ビジュアルが解禁された。

 鳥山明による原作漫画『DRAGON BALL』は、1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、日本を代表する冒険漫画。コミックスは全世界累計2億6000万部を記録し、連載終了後もテレビアニメ・映画・ゲームなどでファンを魅了している。

 劇場アニメ最新作となる本作は鳥山が自ら脚本を執筆し、新たに生み出されたストーリーに、キャラクターデザイン、セリフの細部に至るまでディテールにこだわった内容になっている。

 解禁された第1弾ビジュアルはメインキャラクター、新生レッドリボン軍、さらにニューヨーク・コミコンでの特別映像で登場したキャラクター達も集結。センターには悟飯、ピッコロ、悟空、周りにベジータ、パンなどおなじみのキャラクターが並ぶ。黄色い軍服に赤と青のマントを付けたガンマ1号とガンマ2号、レッドリボン軍のマークが付いていることで話題を呼んだ謎のキャラクターも描かれている。

 左に配置された赤紫・赤のスーツの2人の男は何かを企んでいるように見え、右のキャラクターは紫のウェアを着てヒーローのようなポージングをしている。また、ガンマ1号とガンマ2号もまた“スーパーヒーロー”のようにも見えるが…。新生レッドリボン軍との関係に期待が膨らむ。

 謎に包まれた本作の新情報は、12月18日の「ジャンプフェスタ2022」で解禁予定。16時20分からの「ドラゴンボール超」スーパーステージでは、孫悟空役の野沢雅子、ピッコロ役の古川登志夫、そしてガンマ1号とガンマ2号のキャストが登壇する。

 『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は2022年劇場公開。

関連記事(外部サイト)