綾瀬はるか&竹野内豊ら勢ぞろい 『義母と娘のブルース』SP、キービジュアル解禁

綾瀬はるか&竹野内豊ら勢ぞろい 『義母と娘のブルース』SP、キービジュアル解禁

ドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』キービジュアル(C)TBS

女優の綾瀬はるかが主演を務め、上白石萌歌と共演するドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系/2022年1月2日21時)より、綾瀬や上白石のほか、竹野内豊らおなじみのキャストが勢ぞろいしたキービジュアルが解禁された。

 2018年7月期に放送された連続ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名の4コマ漫画(ぶんか社)を原作に、主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと奔走する10年間を描いた物語。2020年正月には、連続ドラマの1年後を描いたスペシャル版が放送された。

 完全新作となる今回のスペシャル版では、義母・亜希子(綾瀬)が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男(竹野内豊)は亡くした夫・良一(竹野内:二役)そっくりの人物で…。そんな衝撃的な出来事の直後からスタートする。ハゲタカへのリベンジと、夫そっくりの男への複雑な感情で揺れ動く亜希子。そんな義母を、娘のみゆき(上白石)は成長した大人のまなざしで見守っていく。

 解禁されたのは、2020年に放送されたスペシャルのビジュアルと同様、正月らしさが盛り込まれた本作のキービジュアル。夫・良一の遺影を抱える義母・亜希子(綾瀬)をはじめ、娘・みゆき(上白石)、パン屋の店長・麦田章(佐藤健)、みゆきの幼なじみ・黒田大樹(井之脇海)といったレギュラーメンバーが顔をそろえているが、その中には良一そっくりのハゲタカ・岩城(竹野内)の姿も。果たして、義母と娘、そして周りにいる個性豊かな大人たちは、今作でどのようなブルースを奏でるのか。

 なお、前回スペシャルに続き、今回も「亜希子さんからの年賀状が届く」お年玉企画を実施中。ドラマ公式ツイッターをフォロー&リツイートすると、抽選で1万名に亜希子からの年賀状が届く。応募期間は22日まで。詳しくは番組公式サイトまたは番組公式ツイッターにて。

 ドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』は、TBS系にて2022年1月2日21時放送。

関連記事(外部サイト)