『ハンオシ』百瀬の「LOVEです」にキスで応える明葉 ネット胸キュン&祝福「大拍手!」

『ハンオシ』百瀬の「LOVEです」にキスで応える明葉 ネット胸キュン&祝福「大拍手!」

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』第9話場面写真(C)TBS

女優の清野菜名がヒロイン役を演じ、俳優の坂口健太郎と共演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/毎週火曜22時)の第9話が14日に放送され、百瀬(坂口)が明葉(清野)に告白をする姿が描かれると、ネット上には「キュンがすぎるよーーー」「大拍手!!!おめでとう!!」といった反響が巻き起こった。

 改めて気持ちを伝え直し、やっと思いが通じたと思った矢先…離婚を切り出した百瀬。わけがわからない明葉は、ショックを受けながらも離婚に応じる。「好きな人に正直な気持ちを伝えたい」と百瀬は言うが、その好きな人は美晴(倉科カナ)だと思い込んでいる明葉。すれ違ったままの2人は、別々の暮らしをスタートさせるのだった。

 そんな中、明葉はリベンジをかけたコンペの締め切りが迫っていた。連日深夜まで仕事に打ち込む明葉を応援しようとする百瀬だったが、彼の真意はなかなか明葉に伝わらない。

 百瀬は、自分の気持ちを正直に言葉で明葉に伝えることを決意。改めて2人きりで向き合うと百瀬は真剣な表情で「明葉さんが好きです…これはLIKEじゃないです。LOVEです」と訴える。そして百瀬は明葉を見つめながら「僕は明葉さんをLOVEです!」と打ち明ける。

 不器用かつ独特ながらも気持ちが伝わる百瀬の告白に、ネット上には「LOVEです(笑)かわいい!」「LOVEです、って!!!キュンだよ、キュンがすぎるよーーー」「Loveですなんて告白初めて聞いたよ!可愛い告白だな!!」などの声が相次いだ。

 百瀬の言葉に、明葉は目に涙を浮かべながらニッコリ微笑む。そして明葉は百瀬のマフラーを掴んでゆっくり引き寄せると、優しくキスをする。そして明葉も「私も…百瀬さんのことが…LOVEです」と伝える。2人の気持ちが通じ合ったこのシーンに、ネット上には「おめでとう晴れて両想いになったね」「明葉〜おめでとう〜〜!!」「大拍手!!!おめでとう!!」といったコメントが集まり、さらに「不覚にも最後泣いてしまう。気持ちが通じ合って良かった」「告白シーンを観て泣いたの久しぶり」などの投稿も寄せられていた。

関連記事(外部サイト)