梨央、大輝、加瀬、後藤、優…登場人物それぞれの『最愛』――各話の冒頭モノローグを振り返る

梨央、大輝、加瀬、後藤、優…登場人物それぞれの『最愛』――各話の冒頭モノローグを振り返る

ドラマ『最愛』第1話場面写真(C)TBS

本格的なミステリーと切ないラブストーリーが大きな注目を集めているドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)。本作ではほぼ毎回、登場人物によるモノローグで物語がスタートする。ここでは登場人物たちによる各回のモノローグをおさらい。17日放送の最終回を目前に、モノローグをヒントにして考察や推理を深めてみてはいかが?

 2006年の岐阜県・白川郷と2021年の東京を舞台に、ある失踪事件を発端にした殺人事件の顛末を描いていく本作。第1話の幕開けと同時に語り始めたのは、ヒロイン・真田梨央(吉高由里子)の初恋の相手で、のちに刑事となって再会する宮崎大輝(松下洸平)。彼が梨央について語ったモノローグから15年にわたる壮大なサスペンスラブストーリーが始まる。

<第1話>大輝・松下洸平
――「その人をいつ好きになったのか覚えていない。笑い声が聞こえるとついそっちを見てしまう。話せた日は嬉しい。別の誰かと仲良くしていると気になって仕方ない。会えない日はつまらない。2人になれた時は…このままでいたいと願ってしまう。気付いた時にはもう、この世でたった1人の特別な人になっている。もし遠くへ行ったとしても、そばにはいられないとしても、その人が胸の中から消え去ることはない。彼女の名前は真田梨央。その名が世間を騒がせる前の、彼女の話をしようと思う」

 続く第2話は、梨央と大輝がそれぞれ高校生と大学生の間柄で互いに想いを寄せていた2006年当時の回想シーンとともに、梨央のモノローグからスタート。

<第2話>梨央・吉高由里子
――「大好きだった。家までの道を時々2人で帰った。明るい春の日も、暑い夏の日も、夕暮れの秋の日も…。離ればなれになるなんて、思わなかった」

 失踪事件と父・達雄の急逝に見舞われた梨央を家族同然の存在として守ることになるのが、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)。第3話は、加瀬の半生と梨央やその弟・朝宮優(高橋文哉)への想いを凝縮したこんなモノローグから始まった。

<第3話>加瀬・井浦新
――「“人に見返りを求めてはいけない。求めなければ、誰かを憎むことも蔑むこともない。それが生きていく上で一番大事なことだ”そう教えてくれた父と母は、早くにこの世を去った。社会に出て、真田家という家族を得た。ある日、真田家に1人の娘が加わった。逃げ場を失い、迷い込んできたかのようだった。弟は15歳の時、彼女の前から姿を消した」

 第4話冒頭でモノローグを担当したのは、梨央が社長を務める会社「真田ウェルネス」の専務として働く後藤信介(及川光博)。真田グループに仕えながらも梨央とは対立関係にあった後藤は、自分の境遇と優の境遇を重ねる。モノローグ中の“彼”は優を指している。

<第4話>後藤・及川光博
――「かけがえのないものと聞いて、何を思い浮かべるか。家族、友人、恋人…。では、それらを持たない人間は? 私は自分を受け入れてくれたこの場所を、何よりも大切に思う。寂しい人間と言われようとそれが私の人生だ。世の中には、孤独と折り合いをつけられる人間とそうでない人間がいる。彼もおそらく私と同類だ」

 第4話の終盤で正体が明かされ、突如物語の重要人物の1人に躍り出た優。第5話の冒頭では、最愛の姉・梨央への複雑な心境をモノローグで表現している。

<第5話>優・高橋文哉
――「悲しい日が続くと、姉が夢に出てくる。夢の中の姉は背が高くて、少し身体を傾けて俺の顔を見る。“覚えてなくても大丈夫。姉ちゃんが優の分まで覚えとく”。頼りない俺を守ろうとする、あの頃の姉だ。大人になった今の姉は、一度も夢に出てこない」

 15年前に発生した殺人および死体遺棄事件の重要参考人として優は警察に連行される。第6話の冒頭は、15年前の事件の日を振り返る梨央のこんな言葉から始まる。

<第6話>梨央・吉高由里子
――「2006年9月21日夕方。白川郷に台風が近付いて風の音が聞こえていた。“あの日起こったことは現実じゃない。恐い夢を見ただけだ”と、何度も自分に言い聞かせた。現実だと認めてしまったら、大切な思い出も、残らず壊れてしまう気がした。認めたくなかったことと、向き合う時が来た」

 記者として真田ウェルネスの不正を追っていた橘しおり(田中みな実)の悲しい過去が明らかになった第6話。そして第7話の冒頭では、そんな彼女が抱えてきた苦悩が切実な言葉とともに吐き出される。

<第7話>しおり・田中みな実
――「気が付くと考えている。もしもあの時、違う道を選んでいたとしたら…。もしもあの人に会っていなければ…。もしもあの時、あの場所に行っていなければ…。もしも明日、この世が終わるとしたら、その瞬間にも、私は“もしも”を考え続けているんだろうか…」

 しおりが転落死した現場の映像からスタートし、モノローグのなかった第8話を経て、視聴者からにわかに疑惑の目に向けられるに至ったのが、梨央の母にして真田ホールディングス社長の真田梓(薬師丸ひろ子)。第9話冒頭で彼女が語る言葉には、社長として、母としての覚悟がにじむ。

<第9話>梓・薬師丸ひろ子
――「創業者である祖父が言っていた。“経営に何より必要なのは情熱だ”と。あの子はそれを持っている。30年前、もみじのような小さな手を無邪気に振っていた彼女は、いま大きな夢をその手に掴もうとしている。彼女のため。会社のため。私がしたことに後悔はない…」

 物語の導入というだけでなく、それぞれの登場人物の心情やバックグラウンドを伝えてくれる『最愛』のオープニング・モノローグ。9話ラストは大輝と藤井のシーンで幕を閉じたが、17日放送の最終回の冒頭は誰の声からスタートするのかも注目したい。(文:スズキヒロシ)

 ドラマ『最愛』最終回はTBS系にて17日22時放送。1話から9話までは動画配信サービス「Paravi」にて配信中。

関連記事(外部サイト)