『ブルーサーマル』来年3.4公開決定 小松未可子、小野大輔ら新キャスト10名発表

『ブルーサーマル』来年3.4公開決定 小松未可子、小野大輔ら新キャスト10名発表

映画『ブルーサーマル‐青凪大学体育会航空部‐』追加キャスト&キャラクタービジュアル(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

堀田真由が声優に初挑戦する映画『ブルーサーマル』の公開日が2022年3月4日に決定。併せて、追加声優キャストとして小松未可子、小野大輔、寺田農らの出演が発表された。

 本作は、青く澄み渡る大空を舞台に躍動する大学航空部を描いた小沢かなの青春漫画『ブルーサーマル‐青凪大学体育会航空部‐』をアニメ化。主人公・都留たまきを堀田が務める。

 「キラキラの学生生活がしたい! 恋がしたい!」と意気込んで青凪大学に入学した主人公・都留たまき(通称つるたま)。入学早々あるきっかけからグライダーを傷つけてしまい、弁償するために体育会系航空部に雑用係として入部。思い描いていたキャンパスライフとかけ離れた状況にいやいや練習に参加するも、主将・倉持(島崎信長)が操縦するグライダーで初めて空へ飛びたった瞬間から、一面に広がる空の美しさに魅了され、次第に空の世界に夢中になっていく。

 今回解禁となったのは、たまきとともに青春物語を紡ぎだすキャラクター10名のキャスト。たまきの姉・矢野ちづる役を小松、ミステリアスな大学OBの朝比奈燿役を小野が務める。さらに、たまきたちと青凪大学体育会航空部の仲間として、室井ゆかり役で白石晴香、牧綾子役で大地葉、成原映太役で村瀬歩、南葉良平役で古川慎、望田薫役で高橋李依、相原春風役で八代拓が出演。そして、ちづるの後輩でたまきのライバルとなる羽鳥楓役を河西健吾、青凪大学航空部監督を寺田農が演じる。

 小松は「青い青い空へと向かう高揚感。その高揚感と恋愛の模様が爽やかに交差していく感覚が忘れられません。たまきがみなさんの心をぐいぐいと大空へ導いてくれます。爽快感と、甘酸っぱさと、壮大な青空! 楽しみにしていてください!」とコメント。

 小野は「僕が演じる朝比奈は“夢を諦めない人”。演じていると彼とまったく同じ気持ちになれた瞬間が随所にあって、胸がじんと熱くなりました」と話している。

 アニメ映画『ブルーサーマル』は、2022年3月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)