山口紗弥加『シジュウカラ』、酒井若菜の出演決定 自ら志願した板垣李光人の母親役

山口紗弥加『シジュウカラ』、酒井若菜の出演決定 自ら志願した板垣李光人の母親役

ドラマ『シジュウカラ』に出演する酒井若菜(C)「シジュウカラ」製作委員会

女優の山口紗弥加が主演を務める2022年1月7日スタートのドラマ『シジュウカラ』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の追加キャストとして、酒井若菜、入山法子、和田光沙の出演が発表された。

 坂井恵理による同名の人気漫画をドラマ化する本作は、売れない漫画家だった主人公が40歳になって同時に訪れた恋と仕事の「セカンドチャンス」に向き合う姿を描く、年の差ラブストーリー。山口が主人公・忍を演じる。監督は、映画『私をくいとめて』『勝手にふるえてろ』などの大九明子ほか。

 酒井若菜が演じるのは、主人公・忍と18歳差の恋に落ちる美しい青年・橘千秋(板垣李光人)の母・橘冬子。綿貫家とは何の関係もないはずの千秋の母だが、実は物語の重要なカギを握っている人物で…。

 酒井は「原作を読んでいたのですが、私は特に冬子という人物の危なっかしさ、不器用さ、報われない姿に惹かれていました。『ドラマ版に冬子は出ますか?私に演じさせていただけませんか』と自分から志願してこの役を演じさせていただくことになりました」と明かす。

 さらに、演じてみての感想を「冬子は、すべてのことに対し線引きがうまくできない女性です。このドラマの大きなテーマは、主人公にある日突然訪れる“セカンドチャンス”ですが、一方、主人公と同世代の冬子にはセカンドチャンスが訪れません。頑張っても頑張っても報われない。諦めても諦めても大切なものだけ消え失せない。役者はどんな役でも、自分だけは役に寄り添いたい、味方でいてあげたい、と思うものですが、今回は、冬子だけはきっと私の味方でいてくれる、と思いながら演じています」と話している。

 入山法子が演じるのは、忍がアシスタントをしていた人気漫画家・杜殿津マリ。

 入山はマリについて「第一印象は、友達になりたい!でした。笑 衣装合わせのときに、マリのビジュアルをスタッフの皆さんが楽しんで作ってくださるのを感じて、そんなふうに考えていただいているのがとても嬉しく、わたしも楽しんでやっちゃおう!と思いました。彼女の深さや軽やかさに敬意を持って演じたいと思っています」とコメント。

 和田光沙は、冬子が働くスナックの店員・御子柴涼子役を演じる。

 和田は「脚本を読んで、人間は年齢や性別や境遇に関係なく、いつだってチャーミングだ!と思いました。主人公は、昭和の香りが漂う奥ゆかしさを持ちながら、どこか楽観的で強さと生命力に満ちた女性。世代も価値観も違う登場人物たちが、絡み合いながら、自分の道を探しています」としている。

 ドラマ24『シジュウカラ』は、テレビ東京系にて2022年1月7日より毎週金曜24時12分放送。

関連記事(外部サイト)