『鬼滅の刃』遊郭編 ムキムキねずみ、“最上級”の愛らしさと声でファン魅了「CV木村昴さんとは!」

『鬼滅の刃』遊郭編 ムキムキねずみ、“最上級”の愛らしさと声でファン魅了「CV木村昴さんとは!」

『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』第4話場面写真(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系/毎週日曜23時15分)第4話が12月26日に放送。第4話では、原作ファン待望のムキムキねずみの登場と木村昴の出演に「ちょっと待ってwww ムキムキねずみって木村昴なの?」「これが興行収入400億を超えて儲かった金とufoの超作画で描かれた最上級のムキムキねずみか」など、驚きと喜びの声が殺到。日本トレンド1位に輝くほどの大反響を呼んだ。

 さらわれた我妻善逸を探すため、荻本屋で竈門炭治郎と待つ嘴平伊之助。しかし日が暮れようとしても炭治郎は姿を見せない。業を煮やした伊之助が天井に頭を突っ込み、「ねずみ共!! 刀だ!!」と号令をかけると、屋根裏から2匹のねずみが現れる。彼らは宇髄天元の使いとして訓練を受け、1匹で刀1本を持ち上げる力と高い知能を持つ忍獣・ムキムキねずみだった。

 原作では“特殊な訓練を受けた天元の使い”だとテロップで表記されていたが、アニメでは伊之助がセリフで説明を代弁している。登場シーンが少ないながら多くのファンを作ったムキムキの体躯とクリクリの目を持つインパクト抜群の姿に、「ムキムキねずみ、可愛すぎ」とアニメで虜になる視聴者や「ムキムキねずみ…遂に声付きで動く姿が見られた」「原作から更にムキムキ度が増しとるw」と喜ぶ原作ファンのコメントも相次いだ。

 声優は、『ドラえもん』剛田武役や『呪術廻戦』東堂葵役をはじめ華々しい経歴を持つ木村昴。本シリーズでは以前からメインキャスト以外でも主役級の声優が出演していることが多々あり、そのたびに話題を読んでいたが、今回は「ムキッムキッ」のみのセリフために押しも押されぬ人気声優・木村が出演している。あまりに贅沢な起用に、SNSでは「CV木村昴さんとは!!!」「いやいや…『ムキムキッ!』だけの為に木村昴使ったの?」など驚きのコメントが殺到。第4話のエンドテロップには伊丸岡篤、田中貴子、久住琳、湯浅かえでの名も掲載された。

 ちなみに、無限列車編では1話のみの登場キャラクターを井上喜久子、水瀬いのり、伊藤健太郎が演じている。このほか、シリーズ通して悠木碧、白石晴香、岡咲美保、能登麻美子ら多くの有名声優が少ない登場シーンのために出演。小林親弘や福島潤らに至っては役名のないキャラクターを演じており、「相変わらず、有名声優さんや実力派声優さんをちょい役で起用する鬼滅の刃」「鬼滅はほんと声優の無駄遣いしてるなぁ」と感嘆じみた声も寄せられている。

 なお、ムキムキねずみは第1話からオープニング映像内に登場している。非常にスタイリッシュな映像内に違和感なく溶け込む姿に「ムキムキねずみ、オープニングから出てるの全く気づかなかった…」と第4話で初めて気付く視聴者も少なくなかったようだ。さらに第4話では、本編放送後の予告パートにも登場。宇髄が「影の鬼殺隊と言ってもいいだろう」と説明する際に月下でナルシスティックなポーズを決める一団が映されると、「本家鬼滅隊より強そうで草」「ちょっ待って ムキムキねずみ、柱何人(匹)おんねん?」「影の鬼殺隊w 我々が想像してた以上に高名なチームで草」と喜ぶファンの声も多かった。

関連記事(外部サイト)