『コンフィデンスマンJP 英雄編』特別映像解禁&年越し生配信決定

『コンフィデンスマンJP 英雄編』特別映像解禁&年越し生配信決定

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』場面写真(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演する人気シリーズの最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』より、未解禁映像を追加した特別映像が解禁。さらに、大みそ日から元旦にかけて、「コンフィデンスマンJP」“年越し生配信”を行うことも発表された。

 本作は、コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)の3人が、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る痛快エンターテインメントコメディ『コンフィデンスマンJP』シリーズの劇場版第3弾。地中海に浮かぶマルタ島を舞台に、街全体が世界遺産に登録されているヴァレッタでだまし合いバトルが勃発する。
 
 今回解禁されたのは、90秒の予告映像よりもさらに長い、2分超えの特別映像。これまでイベントでのみ上映されていた“特別予告映像”で、 未解禁映像を追加して特別に編集したものとなっている。

 さらに、大みそ日〜元旦にかけて、「コンフィデンスマンJP」“年越し生配信”を行うことも決定。生配信は、東宝公式YouTubeチャンネルで定期的に配信されている企画「コンフィデンスマンTV」において実施される。その名も「カウントダウンスペシャル“行っちゃう年、来ちゃった年”編」と題し、年末年始を楽しく過ごせる配信を12月31日23時〜1月1日1時まで予定している。

 生配信の中では、ダー子、ボクちゃん、リチャードたちから、“お年玉”を2つ用意。1つ目は、Official髭男dismによる主題歌「Anarchy」のフル尺を世界最速で聴くことができる“主題歌特別映像”を公開。この“生配信の1タイミング”だけで特別に公開される。2つ目は、本編冒頭映像を“7分間”、配信中に公開。まだまだ謎に包まれている本作だが、その迫力満点の冒頭シーンを特別に観ることができる。

 他にももりだくさんのコンテンツを用意。MCはおなじみの腕利き(?)コンフィデンスマン・五十嵐(小手伸也)、そしてちょび髭(瀧川英次)、モナコ(織田梨沙)も初参戦する。

 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』は、2022年1月14日より全国公開。

関連記事(外部サイト)