石原さとみ、北川景子、上野樹里、杏… 円熟期を迎える1986年生まれの“寅年”女優

石原さとみ、北川景子、上野樹里、杏… 円熟期を迎える1986年生まれの“寅年”女優

1986年生まれの華やかな女優陣 (左から)安藤サクラ、杏、北川景子、石原さとみ、上野樹里、比嘉愛未 クランクイン!

2022年の今年、1986年に生まれた主演級の女優たちが36歳の年女を迎える。30代も半ばに入り人気・実力ともにますます進化していくこと間違いなしの寅年のスター女優6名、その近年の活躍ぶりを見ていこう。

★安藤サクラ/1986年2月18日生まれ

 2018年放送のNHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロインを務めたことでその実力がお茶の間レベルにも知れ渡った安藤サクラ。2021年は、世界的なスペイン風邪の流行を題材にした志賀直哉の同名小説を実写化したドラマ『流行感冒』(NHK)に出演。本木雅弘扮する主人公の小説家の妻・春子を演じた。さらに8月には『万引き家族』以来の映画出演作となった『妖怪大戦争 ガーディアンズ』も公開された。そして2022年は、劇場公開もされる藤沢周平原作の時代劇『殺すな』で、俳優で夫の柄本佑と久々の共演を果たす。

★杏/1986年4月14日生まれ

 2021年10月期放送のドラマ『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)では、小栗旬扮する環境省官僚・天海啓示と共闘する新聞記者・椎名実梨を熱演した杏。2021年はこのテレビドラマのほかに、映画では『CUBE 一度入ったら、最後』が公開された。2022年は重松清の同名小説を、『糸』『護られなかった者たちへ』などのヒットメーカー瀬々敬久が実写化した映画『とんび』に出演しているほか、吹き替えを務める映画『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』や声優として出演するアニメ映画『鹿の王 ユナと約束の旅』の公開も控えている。

★上野樹里/1986年5月25日生まれ

 主演を務めた月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)を大ヒットに導いた上野樹里は、2020年11月から2021年3月まで2クールにまたいで放送された『監察医 朝顔』第2シリーズで再びヒロインの万木朝顔を熱演。そんな彼女の2022年の出演作は、Netflixオリジナルシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』だ。この作品は坂井恵理による同名コミックを実写化した社会派コメディーで“もし男性が妊娠したら…?”をテーマに、男女の立場が逆転することで浮き彫りになるさまざまな問題をコミカルかつ真摯に描いていく物語。このドラマで上野は妊娠する桧山健太郎(斎藤工)のパートナー・瀬戸亜季を演じる。

★比嘉愛未/1986年6月14日生まれ

 2021年大活躍の年となったのが比嘉愛未だ。6月スタートの『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)、7月スタートの『推しの王子様』(フジテレビ系)でともに主演を務めると、10月期放送の『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)では、主人公・天海啓示(小栗旬)の妻・天海香織を演じた。比嘉は2021年の勢いをそのままに2022年1月3日放送の『新春ドラマスペシャル 緊急取調室 特別招集 2022』(テレビ朝日系)に出演。このドラマで比嘉は、8億円強奪事件の解決に向けて臨時再結成された「緊急事案対応取調班(通称:キントリ)」に合流する新キャラクター・生駒亜美役を演じる。さらに2月には写真家の藤代冥砂撮影、アーティストの清川あさみがクリエイティブディレクション・プロデュースを手がけた写真集『本心』(集英社)も出版される。

★北川景子/1986年8月22日生まれ

 2021年はテレビと映画で大活躍となったのが北川景子。1月公開の映画『さんかく窓の外側は夜』に出演すると、島本理生の同名小説を実写化した2月公開の映画『ファーストラヴ』で主演を務め、中村倫也や芳根京子、窪塚洋介と共演。さらに山田洋次監督がメガホンをとった出演作『キネマの神様』が8月に公開されたりと、主演を含めて3本の映画が公開された。また4月期に放送された主演ドラマ『リコカツ』(TBS系)がTVer歴代再生回数1位を記録する大ヒット。永山瑛太を相手役に“交際ゼロ日婚”をした夫婦の離婚から始まるラブストーリーは特異な設定ながらも多くの視聴者からの共感を集めた。2022年は出演している映画『大河への道』の公開が5月に控えている。

★石原さとみ/1986年12月24日生まれ

 主演を務めた新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』が1月4日から放送されるという幸先の良い2021年のスタートをきった石原さとみ。4月期には綾野剛とダブル主演を務めたドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)で“ある秘密”を抱えた海洋学者を演じ、新境地を開拓。さらに5月には吉田鋼太郎が演出を手がけた舞台『終わりよければすべてよし』にも出演。吉田や藤原竜也、溝端淳平ら人気俳優と共にシェイクスピア劇に挑んだ。さらに10月公開の映画『そして、バトンは渡された』では、自由奔放に生きるシングルマザーの梨花を熱演。高い演技力と妖艶な魅力で難役を演じきった。

 実力派女優のゴールデンエイジとも言える86年組。ここで詳しく紹介したほかにも、人気ドラマ『最愛』(TBS系)や初主演映画『ずっと独身でいるつもり?』で新境地を開いた田中みな実や、篠田麻里子、市川由衣、玄理など今やテレビやスクリーンでは欠かせない名前がそろっている。30代も半ばに入り、表現にも円熟味が増していく彼女たちの活躍から目が離せない。(文:スズキヒロシ)

関連記事(外部サイト)