『ドクター・ストレンジMoM』全米に先駆け5.4日本公開 新場面写真解禁

『ドクター・ストレンジMoM』全米に先駆け5.4日本公開 新場面写真解禁

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面写真(C)Marvel Studios 2022

俳優ベネディクト・カンバーバッチが主演を務めるマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、5月6日の全米公開日に先駆け、5月4日より日本で公開されることが決定。場面写真が解禁された。

 マーベル・スタジオの2022年の劇場公開作品として幕開けを飾る本作の主人公は、元天才外科医で最強の魔術師ドクター・ストレンジ。『エンドゲーム』での壮絶な死闘を経て、アイアンマン、キャプテン・アメリカが去った今、アベンジャーズの今後の中心人物となるドクター・ストレンジの新たな物語がついに始まる。

 2016年に公開され日本でも大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ』や『アベンジャーズ』シリーズ、そして『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』にも登場するドクター・ストレンジを引き続き本作で演じるのは、名優ベネディクト・カンバーバッチ。また、ストレンジの盟友である魔術師ウォン役のベネディクト・ウォン、ストレンジの元恋人で医師クリスティーン役のレイチェル・マクアダムス、かつての兄弟子モルド役のキウェテル・イジョフォーなど、前作のキャストも再集結する。

 そして、『アベンジャーズ』シリーズにおいて高い人気を誇り、主演を務めたディズニープラスのオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされた、ワンダ役エリザベス・オルセンも出演。さらに、新進気鋭の女優ソーチー・ゴメスが演じる、マーベル・コミックの人気キャラクターであり、本作の大きな鍵を握る“アメリカ・チャベス”にも高い注目が集まっている。 監督は、トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』(2002、04、07年)シリーズを手掛けたハリウッドの奇才サム・ライミ。

 昨年12月に解禁された特別映像では、ドクター・ストレンジが禁断の呪文によって時空を歪ませた為に、“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう様子や、アベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダの姿、「宇宙への最大の脅威はお前だ」と意味深なセリフとともに不敵な笑みを浮かべるドクター・ストレンジと姿かたちが全く同じ人物が登場し大きな反響を呼んだ。

 今回解禁された場面写真は2点。1枚目は、別の異次元空間に繋がる扉を開き、その先を呆然と見つめるドクター・ストレンジの姿を捉えたもの。ストレンジの両脇には、彼の元恋人で医師のクリスティーンと、本作より参戦したアメリカ・チャベスの姿も確認できる。2枚目は、数々の魔術で世界を救ってきたストレンジが今までに見せたことのない呪文を唱える様子を切り取ったもの。本作の混沌とした世界観を物語るような写真となっている。

 果たして、時間と空間を自在に操る最強の魔術師であるストレンジにとっても未知の領域となる“マルチバース”がもたらす脅威に対し、彼はどう立ち向かっていくのか。予測不能の展開に期待が高まる。

 映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、5月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)