マツコ、自分のうんちを専門家に解析依頼! 話題の腸活を学ぶ

マツコ、自分のうんちを専門家に解析依頼! 話題の腸活を学ぶ

『マツコ会議』に出演するマツコ・デラックス(C)日本テレビ

今夜1月8日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)は、放送時間を拡大し、22時からの新春特別版。話題の腸活を学ぶべく、マツコ・デラックスが自分のうんちを専門家に解析依頼する。

 6年前にサッカー選手を引退し、“うんちビジネス”で起業した鈴木啓太。これまで750人以上のアスリートのうんちを集めて菌を研究し、より良い腸内環境にするためのサプリを開発している“腸活のスペシャリスト”に、マツコのうんちを検査してもらい、腸内環境を徹底調査。

 人間の免疫細胞の約7〜8割は腸内にあると言われ、“第二の脳”とも言われる腸との上手な付き合い方について今年50歳を迎えるマツコが学ぶ。鈴木はいかにして腸内菌が喜ぶ状況を作るか、自身の日常生活で実践。番組では鈴木の1日の生活に密着し、スペシャリストの腸活術を紹介。共に腸活をしている妻でモデルの畑野ひろ子も登場すると、その変わらない美貌にマツコも思わず「あらー!キープされてるわね!って言うか、スタイルすごくない!?46歳だよ!?」と驚く。

 マツコのうんち検査の結果について「非常に興味深かった」と語る鈴木。驚くべき3つの特徴があったという。中でも、「ヤセ菌がほぼゼロ」という結果に「潔い!」とうなるマツコ。さらに、マツコの腸内には100人に1人程度しかいないと言われる、まだ研究段階の“謎の菌”も発見され、太りやすい体質に影響を及ぼしている可能性が判明する。

 続いて、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で共演して以来、マツコと親交を深め、コロナ前は月に1度は飲みに行くほどの仲だという坂上忍が“最愛の兄弟たち”と語る犬や猫に囲まれながらの自宅中継。

 坂上といえば、「人生最後の大仕事」として行き場を失った動物たちの保護ハウス建設にまい進しているが、マツコは「私が出会った頃はどうしようもない人としてテレビに出てたのよ。それが10年の時を経て…何!?雷にでも打たれたの?」と、長い付き合いだからこそ分かる坂上の変化に驚きを隠せない。と同時に、かねてから猫を飼いたいと思っていたマツコは、坂上の動物との向き合い方、愛し方を「私にとっては理想」と語る。

 坂上は、この春で卒業する帯番組や数々のバラエティー番組に出演し続けてきた10年間、共にテレビ界を全力で走ってきたマツコへの思いを本音で語り始める。「マツコは今のステージから逃げちゃダメだ!…って言ってんだよ!」。新年早々、坂上忍の喝が飛び、マツコがタジタジになる予想外な展開に。

 最後は、マツコとは実は17年来の付き合いだという満島ひかりと中継。その出会いは、満島が徳光正行のアシスタントMCとして出演していたTOKYO MXの情報バラエティー番組『ゼベック・オンライン』が発端。この時期、徳光&ミッツつながりで、マツコと出会うことになったのだという。「あなたの口から『ゼベック・オンライン』(という番組名)が出る日が来るなんて…!」と、満島と昔話ができることに感動するマツコ。

 満島は当時のマツコに「アンタまずいわよ!アタシとそっくり!」と言われたと話すと、マツコは「これから世にどんどん出ていく時に、アタシと似てるのはまずいなと思って…。もうちょっと、世の中とちゃんとした距離をとって生きる人じゃないとうまくいかないわよ…って意味で言ったけど、この人はそれを貫き通してもうまくいったね。それがすごいと思う」と称賛する。

 『マツコ会議 新春スペシャル』は、日本テレビ系にて1月8日22時放送。

関連記事(外部サイト)