トム・ホランド主演『アンチャーテッド』2.18日米同時公開決定

トム・ホランド主演『アンチャーテッド』2.18日米同時公開決定

映画『アンチャーテッド』場面写真

俳優トム・ホランド主演最新作『アンチャーテッド』が、2月18日より日米同時公開されることが決定。新たな場面写真と予告編が解禁された。

 トレジャーハンターのネイサン・ドレイクが、伝説の秘宝や古代都市の謎を紐解いていくアクション・アドベンチャーゲーム「アンチャーテッド」シリーズを実写映画化した本作。実在した海洋冒険家フランシス・ドレイクの子孫を名乗り、歴史に精通し類まれな身体能力をもつ若き主人公ネイサン(愛称:ネイト)を、『スパイダーマン』シリーズで主演を務めるトム・ホランドが演じる。

 ネイトの師匠的存在であり、共に財宝を探すビクター・サリバン(愛称:サリー)を演じるのは、『ディパーテッド』や『トランスフォーマー』シリーズのマーク・ウォールバーグ。ネイトと同じ財宝を狙う敵サンティアゴにふんするのは『マスク・オブ・ゾロ』のアントニオ・バンデラス。監督は『ヴェノム』のルーベン・フライシャーが務める。

 NYでバーテンダーとして働くネイサン・ドレイク(トム)は、器用な手さばきを見込まれ、トレジャーハンターのビクター・サリバン(マーク)から「50億ドルの財宝を一緒に探さないか」とスカウトされる。サリーが消息を絶った兄サムの事を知っていたことから、トレジャーハンターになることを決意したネイト。しかしその財宝は、他の組織からも狙われていた。

 最初の手掛かりとなるのはゴールドの十字架。サンティアゴ率いる敵の組織との争奪戦の末、十字架を手にしたネイトとサリーは、500年前に消えたとされる幻の海賊船に誰よりも早く辿り着く。しかし2人は、その海賊船ごと吊り上げられてしまい…。

 場面写真は、バーテンダーとして働くネイトのもとをサリーが訪れる2人の出会いの場面や、ネイトとサリーが手を組みトレジャーハントをはじめる姿を切り取ったもの。さらに、ネイトがシャンデリアを使ったアクションを繰り広げるシーン、敵組織のサンティアゴとネイトが並んでお互いが狙うゴールドの十字架を見つめる場面も収めている。

 予告編は、ネイトとサリーが出会う場面からスタート。そして2人が軽妙な会話を繰り広げながら、共に財宝を探す姿が映し出されていく。彼らの前に立ちふさがる敵サンティアゴは「私の一族がその財宝を発見し、裏切られた。それ以来、財宝の在りかは謎のままだ」「勝つのは私だ」などと語る。そのほか、ネイトが高度飛行中の輸送機から吊るされたコンテナに飛び移る姿や、空を舞う巨大海賊船の上で敵組織と決死のバトルを繰り広げるシーンなど大迫力の場面も収録。?スパイダーマン”とはまた異なる、トムの優れた身体能力を活かしたアクションが満載された予告となっている。

 映画『アンチャーテッド』は2月18日より日米同時公開。

関連記事(外部サイト)