『劇場版 呪術廻戦 0』公開24日間で動員628万人、興収85億円突破!

『劇場版 呪術廻戦 0』公開24日間で動員628万人、興収85億円突破!

『劇場版 呪術廻戦 0』キービジュアル(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

昨年12月24日に公開されたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦』の興行成績が、1月16日までの公開24日間で、観客動員628万8404人、興行収入85億7642万9150円を突破したことが発表された。

 本作は、シリーズ累計発行部数6000万部を突破しているダークファンタジー『呪術廻戦』(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)の初の劇場版。原作者・芥見下々が「週刊少年ジャンプ」増刊「ジャンプGIGA」(集英社)にて2017年に全4話で短期集中連載し、コミックス0巻として単行本化もされている『呪術廻戦』の前日譚『東京都立呪術高等専門学校』が描かれている。

 公開初日となった12月24日には、動員77万2224人、興収10億7225万2950円と、早くも10億円を突破。初日から3日間の累計では動員190万8053人、興収26億9412万8150円を記録していた。

 主人公・乙骨憂太と特級過呪怨霊となってしまった幼馴染・祈本里香による「愛」と「呪い」の物語となる今作は、圧倒的クオリティで描かれるアクションシーンや、テレビアニメシリーズでおなじみの人気キャラクターが多数活躍する映画オリジナルシーンの評判も高く、作品満足度は98%に達している。

 『劇場版 呪術廻戦 0』は公開中。

関連記事(外部サイト)