菊地凛子&染谷将太、『大怪獣のあとしまつ』夫婦で出演 二階堂ふみ・松重豊も参戦

菊地凛子&染谷将太、『大怪獣のあとしまつ』夫婦で出演 二階堂ふみ・松重豊も参戦

映画『大怪獣のあとしまつ』に出演する(左から)菊地凛子、二階堂ふみ、染谷将太、松重豊(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、女優の土屋太鳳がヒロインを演じる映画『大怪獣のあとしまつ』の追加キャストとして、菊地凛子、染谷将太、二階堂ふみ、松重豊の出演が発表された。

 松竹と東映が初タッグを組む本作は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が死んだ後の“あとしまつ”にスポットを当てて描く、完全オリジナル脚本の空想特撮エンターテインメント。監督・脚本を「時効警察」シリーズの三木聡、特撮監督を「仮面ライダー」シリーズの佛田洋、怪獣造形を「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなどで知られる若狭新一が務める。

 菊地が演じるのは、国防軍・大佐の真砂千。山田演じる帯刀アラタが所属する特務隊と敵対する役どころで、死体処理を行い、手柄を得ようと策略する。真砂と特務隊が口論となる、緊迫感漂うシーンでは、菊地が過去に出演したあの名作ハリウッドSF怪獣映画をほうふつとさせるセリフも…?

 染谷が演じるのは、大怪獣の姿をカメラで捉え配信し、1億再生を狙う迷惑系動画クリエイター・武庫川電気。自称”ギリギリアウトな男”を名乗り、死体に近づこうと試行錯誤する。
 
 二階堂は、オダギリジョー演じるブルースの行きつけの食堂で働くサヨコを、松重は、町工場社長の八見雲登をそれぞれ演じる。

 菊地の三木作品への参加は、映画『図鑑に載ってない虫』(2007)、ドラマ『時効警察・復活スペシャル』(2019)に続き3度目。二階堂、染谷、松重の3人はドラマ『熱海の捜査官』(2010)にて三木作品に出演、その後ドラマ『時効警察はじめました』(2019)最終回にて再共演していた。菊地と染谷は本作に夫婦そろっての出演となる。

 映画『大怪獣のあとしまつ』は、2月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)