横浜流星、「原作をリスペクト」覚悟を持って銀髪に 『嘘喰い』ジャパンプレミア

横浜流星、「原作をリスペクト」覚悟を持って銀髪に 『嘘喰い』ジャパンプレミア

映画『嘘喰い』ジャパンプレミアに登壇した(左から)佐野勇斗、横浜流星、白石麻衣 クランクイン!

俳優の横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣が19日、都内で開催された映画『嘘喰い』ジャパンプレミアに登壇。横浜は銀髪姿はカツラで済ませるという案もあったと明かしたうえで「実際に銀髪に染めて、まず一つの覚悟を持つことから始めました」と振り返った。

 シリーズ累計880万部超の迫稔雄の漫画を実写化する本作は、“嘘喰い”と呼ばれる天才的なギャンブラー・斑目貘(横浜)、獏のカリスマ性に魅了された借金を抱えた青年・梶隆臣(佐野)が、日本の政財界を牛耳る闇倶楽部“賭郎”に挑む姿を描く。この日は共演の本郷奏多、櫻井海音、村上弘明、三浦翔平、中田秀夫監督も出席した。

 主演に抜擢されたことへの思いを聞かれた横浜は「迫先生が生み出した大事な原作をリスペクトして。でも、僕らがやるからには、それを超えなければいけないので、そこの責任感はすごくあって。その中で、まずトレードマークである銀髪をどうしようかっていう話をしたときに、カツラっていう案もあったんです。でも、実際に銀髪に染めて、まず一つの覚悟を持つことから始めました」と回想。

 さらに横浜は「天才ギャンブラーということで、ギャンブルの所作はもちろんなんですけど、そこよりもまず内面を大事にしたいなって思って。貘は絶対的な自信を持っている男なので、まず自信を持つこと。あとは、知れば知るほどすごく人間らしいんですよね。だから人間らしさを意識して、貘として生きました」とアプローチを明かした。

 巧妙なイカサマで客から金をむしり取る闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子を演じた白石は「人生で一番の大きな賭け」を聞かれると「この業界に入ったきっかけかなって思って。もともと保育の勉強をしていたんです。高校生の時に」とコメント。

 「オーディションに合格したので、ちょっと頑張ってみようかなと思って。一歩を踏み出したきっかけが大きかったですかね」と乃木坂46への加入を述懐し、賭けに勝っているのではないかと聞かれると「そうですね。本当に、違う道に進んでいたら、全く別の人生を歩んでいたと思うので。すごくいい道に来れてよかったなと思います」と笑顔を見せた。

 映画『嘘喰い』は、2022年2月11日より全国公開。

関連記事(外部サイト)