Travis Japan・中村海人、WOWOWドラマ初出演で反町隆史と共演 『今どきの若いモンは』で若手エース社員に

Travis Japan・中村海人、WOWOWドラマ初出演で反町隆史と共演 『今どきの若いモンは』で若手エース社員に

『WOWOWオリジナルドラマ 今どきの若いモンは』に出演する中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)(C)WOWOW

俳優の反町隆史が主演を務め、女優の福原遥が共演するドラマ『今どきの若いモンは』(WOWOW/4月9日より毎週土曜22時30分放送・配信)に、Travis Japan/ジャニーズJr.の中村海人が出演することがわかった。WOWOWドラマ初出演となる中村は、反町ふんする主人公石沢の部下で、初めての後輩指導に意気込む、今どきの若手エース社員役を演じる。

 本作は、就活生やビジネスマンの間で絶大な共感を生む吉谷光平の漫画『今どきの若いモンは』(Cygames/サイコミ連載中)をドラマ化。反町が主人公の商社マン・石沢一役で主演し、福原が石沢の部下となる新入社員・麦田歩役で共演する。脚本は、監督・脚本家・俳優とマルチに活動するアベラヒデノブ。監督は、劇団「山田ジャパン」を主宰し、『全裸監督』などの脚本も手掛けた山田能龍が務める。

 舞台は三ツ橋商事。課長の石沢一(反町)は、一見お堅いイメージの立場でありながらも、ノーネクタイの独自スタイルで仕事をするコワモテのキャラクター。醸し出されるその威圧感から、若手社員たちとすれ違っただけでなぜか「すみません!」と言われてしまうことも。ある日、そんな石沢の元に、新人の麦田歩(福原)が入社してくるのだが…。石沢が若手社員たちに投げかける口癖「…ったく、今どきの若いモンは」に込められた真意には、新たな時代の上司像が投影される。

 そんな本作で、石沢の部下であり、新入社員・麦田の指導係となる“今どきの若手エース”舟木俊役を演じるのは、ジャニーズJr.の中でもトップクラスのダンススキルでデビューを期待する呼び声が高いTravis Japanの中村。舟木は、横文字を多用したり、こだわりの強い“意識高い系”のキャラクターだが、実は努力家で、麦田に「尊敬できる先輩と見られたい」と無意識的に思い、悪気はないがたまに厳しい言葉を言ってしまうという役どころ。舟木が、反町演じる究極の上司・石沢と福原演じる新人・麦田と共に、どのようなやり取りを繰り広げるのか注目だ。

 主演の反町について、「演技の面でもアドバイスを頂いたり、毎日優しく挨拶してくれる」と語る中村。演技については、「すごく楽しいです。もう一人の自分が増えている気がしてドラマの世界を忘れられないくらいです」と語り、「誰しも辛い時はあると思いますが、そんな時に必要な言葉をくれる人の大切さや自分を認めてくれる人のありがたさに気づけるドラマだと思いますので、是非見てください!」とコメントした。

 WOWOWオリジナルドラマ『今どきの若いモンは』はWOWOWプライムにて4月9日より毎週土曜22時30分放送・配信。

関連記事(外部サイト)