ケネス・ブラナー『ナイル殺人事件』、愛と欲望と嫉妬が渦巻くキャラポスター解禁

ケネス・ブラナー『ナイル殺人事件』、愛と欲望と嫉妬が渦巻くキャラポスター解禁

映画『ナイル殺人事件』キャラクターポスタービジュアル(C)2022 20th Century Studios. All rights reserved

ケネス・ブラナーが監督・主演を務める映画『ナイル殺人事件』より、本作のカギを握る重要人物たちのキャラクタービジュアルが解禁となった。

 “ミステリーの女王”の異名を持つ作家アガサ・クリスティが生涯を通して書き続けた“名探偵ポアロ”シリーズ。時代を超越した人気シリーズの中でも、アガサ自身が“旅行物のミステリーで史上最高傑作”と称するのが、1937年に発表された『ナイルに死す』。この傑作ミステリーを、ケネス・ブラナー監督が前作『オリエント急行殺人事件』(2017)に続き映画化する。

 舞台は神秘の国エジプトのナイル川を行く豪華客船。数々の難事件を解決してきた世界一の名探偵ポアロは、船内で起きる密室殺人事件に挑む。公開されたビジュアルには、名探偵ポアロと物語のカギを握る人物たちが描かれる。

 まずは主人公である“世界一の名探偵”ポアロ(ケネス・ブラナー)。トレードマークの独特な口ヒゲはそのままに、彼の眼光はいつになく険しい。ポアロ自身が今回の難事件について「多くの事件を解決してきたが、これは私の人生を変えた」と語っている通り、本作の事件が彼の今後に大きな影響を与えることに疑いはない。

 続いて、“美しき花嫁”リネット(ガル・ガドット)。彼女は莫大な資産を相続した大富豪の娘で、夫サイモンとクルーズ船の新婚旅行に訪れる。その美貌と巨万の富から、多くの意味で人目を引く存在であったリネットは、ある晩何者かに殺されてしまい、第一の殺人事件の被害者となる。

 そしてリネットの親友でサイモンの元婚約者の“謎めいた恋人”ジャクリーン(エマ・マッキー)。親友に婚約者を奪われた彼女からは、嫉妬ともねたみともとれる複雑な表情がみてとれる。真っ先に犯人と疑われてもおかしくないはずだが、彼女には決定的なアリバイがあった…。

 このほか、ポアロの盟友で『オリエント急行殺人事件』に続き出演する“探偵の友人”ブーク(トム・ベイトマン)、名高き画家でありブークの“過保護な母親”ユーフェミア(アネット・ベニング)、結婚式でパフォーマンスするために雇われた華麗なるシンガー・サロメのめいで“敏腕マネジャー”ロザリー(レティーシャ・ライト)も描かれている。果たしてこの中にリネットを殺害した真犯人はいるのか?

 ほかにも2人の結婚を祝うためクルーズ船に乗り込むのは、リネットの財産管理人アンドリュー(アリ・ファザル)、リネットのメイドで自身も上流階級の仲間入りをしたいと強く願うルイーズ(ローズ・レスリー)、リネットの友人として結婚式に出席する医師ドクター・ウィンドルシャム(ラッセル・ブランド)、そしてリネットの名付け親であり後見人でもあるスカイラー(ジェニファー・ソーンダース)、スカイラーの看護師で株の大暴落で資産を失った過去を持つバワーズ(ドーン・フレンチ)。皆それぞれにリネット殺害の動機があり、誰が過ちを犯してもおかしくはない危うさを持つ。

 ケネス・ブラナーは「ある女性が別の女性の男を奪ったことにより、“宿命”が生まれ、そこから感情の爆発が起こる。つまりドツボにハマったこの三角関係こそが、死を呼ぶ休暇の中心に据えられた腐った果実なのです」と語り、男女の三角関係こそがこのミステリーの核になっていることを明かしている。

 映画『ナイル殺人事件』は、2月25日より全国公開。

関連記事(外部サイト)