永瀬正敏主演『ホテルアイリス』官能の本予告映像解禁

永瀬正敏主演『ホテルアイリス』官能の本予告映像解禁

映画『ホテルアイリス』場面写真(C)長谷工作室

芥川賞作家・小川洋子の小説を、俳優の永瀬正敏を主演に迎えて映画化した『ホテルアイリス』より、官能の本予告映像が解禁された。

 本作は、小川洋子の小説「ホテル・アイリス」(幻冬舎)を、国内外で高い評価のある『波』『黒四角』の奥原浩志監督がメガホンをとり映画化した日・台合作映画。永瀬が大人の男の色気をまとうミステリアスなロシア文学翻訳者を演じ、マリ役を台湾のアップカミングスター・陸夏(ルシア)が務める。共演には、リー・カンション、菜葉菜、寛一郎、マー・ジーシャンなど、日台の実力派俳優たちが集結した。

 寂れた海沿いのリゾート地。そこで日本人の母親が経営するホテル・アイリスを手伝っているマリは、嵐の夜階上で響き渡る女の悲鳴を聞く。赤いキャミソールのその女は、男の罵声と暴力から逃れようと取り乱していた。マリは茫然自失で、ただならぬその状況を静観している。一方で、男の振る舞いに激しく惹かれているもう一人の自分がいて、無意識の中の何かが覚醒していくことにも気づき始めていた。

 男はロシア文学の翻訳家で、小舟で少し渡った孤島で独り暮らしているという。住人たちは、彼が過去に起きた殺人事件の真犯人ではないかと、まことしやかに噂していた。またマリも、台湾人の父親が不慮の事故死を遂げた過去を持ち、その悲劇から立ち直れずにいる。やがて彼女は男が住む島へ導かれ、ふたりだけの禁断の世界にのめり込んでいく…。

 今回解禁されたのは、映像作家・遠山慎二のディレクションによる予告映像。主人公マリの下着がハサミで切り裂かれる衝撃的なシーンから始まる。続いてマリが、支配的な母親(菜葉菜)からの干渉や、ホテルアイリスの従業員からの密告、亡くなった愛する父親の幻像などに翻弄されながらも、ロシア文学の翻訳家(永瀬)に出会い、惹かれていく様子が描かれる。

 その後、売春婦の死、警察からの尋問など、二人の愛の行手を阻む疑惑が次々と明らかに。それでも「私たちに構わないで。私は彼を愛してる」ときっぱり言い放つマリ。果たして二人の愛の行方は…。

 映像にはそのほか、肉体だけでなく精神的にも二人を繋ぐ拘束具など、原作ファンを唸らせるカットや、翻訳家の住む孤島へ向かう渡し舟も映し出される。あの世とこの世を繋ぐ役割を持つ渡し船が登場する場面は、奥原監督のオリジナル脚色により撮られた幻想的なシーンだ。

 また、映像の全編で流れるチェロの旋律は、ポーランド出身のスワペック・コバレフスキによるもの。台湾語と日本語が行き交う展開がより一層、何処の国とも言えない幽玄な世界観を醸し出し、観るものを眩惑の世界へと導いていく予告映像となっている。

 今回、予告映像と併せて、キャスト、スタッフ、原作者からのコメントも到着。永瀬は本作の撮影を振り返り「台湾の優れた映画人とのコラボレーションは、あらためて様々な“情”を感じる素晴らしいものでした」と語っている。

 映画『ホテルアイリス』は2月18日より全国公開。

『ホテルアイリス』小川洋子、永瀬正敏らのコメント全文

【コメント全文】

■永瀬正敏(翻訳家役)
様々な想いが芽生えた撮影でした。またご一緒出来た、台湾の優れた映画人とのコラボレーションは、あらためて様々な“情”を感じる素晴らしいものでした。小川洋子さんの深い原作の下、台湾・日本の共演者、スタッフの皆さんと過ごした金門島での日々は、今思えば原作に漂う夢の様な、現実の様な、幻想の様な、得難い日々だったと思います。
ご覧いただいた皆さんに、作品に込められた沢山の“情”が、どうか届きますように。

■陸夏(マリ役)
日本の皆さん、こんにちは。私は陸夏(ルシア)です。私がヒロインを演じた『ホテルアイリス』が、まもなく全国の劇場で公開されます。ぜひ劇場にお越しいただき、スクリーンでご覧ください。待ってます!

■菜葉菜(マリの母親役)
異国の孤島での撮影はとても刺激的だった。台湾の名優との触れ合いも、海外スタッフと初めて組む現場にも心が躍り、毎日がサプライズの連続だった。
無国籍な世界観で繰り広げられる崇高なラブファンタジー。ハロウィン仮装のような菜葉菜もほんの少し楽しんでください。

■寛一郎(甥役)
この映画は3年前に台湾の金門島と言う素晴らしい、日本とはまた違った空気感が漂うロケーションで撮影しました。小川洋子さん原作の『ホテルアイリス』は、登場する一つ一つが良く表現されており一瞬で小説の中に入り込める力を持っていました。そして奥原浩志監督、台湾スタッフと素晴らしい時間を共有しながらこの映画に挑んだことを覚えています。
主演のルシアさんは日本語のセリフも多く苦しい中、いつもスタッフさんや僕達を笑顔にしてくれました。彼女が萌芽していく瞬間がこの映画を通して観れると思います。

■リー・カンション(売店の男役)
皆さん、こんにちは。リー・カンションです。『ホテルアイリス』の日本公開をとても嬉しく思っています。この映画は台湾の金門島で撮影しました。参加できてとても光栄でした。この映画の中で私はあの世からの使者を演じました。あの世とこの世を往き来する船頭の役です。
コロナの影響で日本に行けず、プロモーションにご協力することが出来ません。この映画の成功を祈っています。どうか映画館に足をお運びください。映画館では感染予防をお忘れなく。このコロナ禍が早く収束しますように。ありがとうございます。

■奥原浩志(監督・脚本)
2018年12月に撮影をしました。今思えば夢の中にいるような日々でした。それからいろいろありました。ようやく完成し、皆様に観ていただけることを心から嬉しく思うと同時に、誇りにも思います。ここまで私を支えていただいたすべての方々に感謝します。この作品が皆様の心に残るものであることを願ってやみません。

■金勝浩一(美術)
『ホテルアイリス』公開おめでとうございます。撮影は台湾の金門縣で撮影しました。土地の空気感が映画に奥行きを与えていただきました。

■スワペック・コバレフスキ(音楽)
今回の公開はおめでとうございます。様々なことを考えさせられる深いテーマで、素晴らしい作品だと思います。たくさんのお客さんにご覧いただけたら良いですね。

■小川洋子(原作)
すべては生と死の間を漂う波にさらわれ、引き返せない彼方へと消え去ってゆく。そのはかなさが、残酷なほど深く胸に刻まれる。

関連記事(外部サイト)