事故の当事国だったロシアで初登場No.1 『チェルノブイリ1986』メインビジュアル解禁

事故の当事国だったロシアで初登場No.1 『チェルノブイリ1986』メインビジュアル解禁

映画『チェルノブイリ1986』ポスタービジュアル(C)《Non‐stop Production》 LLC,(C)《Central Partnership》LLC,(C)《GPM KIT》LLC,2020. All Rights Reserved.

ロシア映画『チェルノブイリ1986』が、5月6日より全国公開されることが決定。併せてメインビジュアルが解禁された。

 本作は、チェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故という未曾有の危機から全世界を救うため命を懸けた消防士の物語。

 1986年4月26日、ソビエト連邦ウクライナ共和国プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。この未曾有の大惨事は、のちに超大国ソ連が崩壊する一因になったとも言われ、数多くのドキュメンタリーが作られた。

 そしてこの度、ロシア映画界が政府や国営原子力企業の協力を得て、他とは全く違った視点で描いた本作を完成させた。人々の日常生活や生命をどれほど脅かし、彼らの人生に壊滅的な影響を与えたのか。事故発生当時、現地で撮影した経験を持つプロデューサーが、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点からリアルに映し出した。ロシアでは初登場ナンバー1を記録した。

 若き消防士アレクセイは、元恋人オリガと10年ぶりに再会を果たし、彼女とともに新たな人生を歩みたいと願っていた。ところが地元のチェルノブイリ原発で爆発事故が起こり、それまでの穏やかな日常が一変。事故対策本部の会議に出席したアレクセイは、深刻な水蒸気爆発の危機が迫っていることを知らされる。もしも溶け出した核燃料が真下の貯水タンクに達すれば、ヨーロッパ全土が汚染されるほどの大量の放射性物質がまき散らされてしまう。愛する人のためタンクの排水弁を手動でこじ開ける決死隊に志願したアレクセイだったが、行く手には想像を絶する苦難が待ち受けていた…。

 メインビジュアルには、「その日、世界は変わった」というキャッチコピーと共に、チェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故で、仲間を抱きかかえ助ける消防士アレクセイの姿が写し出されている。その必死の表情から身の毛もよだつほどのすさまじい状況が感じられ、爆発事故が全世界を巻き込むほどの危機だったことを物語っている。この未曾有の災害に若き消防士はどう立ち向かっていくのか、想像を絶するほどの苦難を予感させるビジュアルに仕上がっている。

 映画『チェルノブイリ1986』は、5月6日より全国公開。

関連記事(外部サイト)