有村架純、森田剛の“瞳の美しさ”を絶賛 「ハッとさせられてしまって」

有村架純、森田剛の“瞳の美しさ”を絶賛 「ハッとさせられてしまって」

映画『前科者』公開直前舞台あいさつに登壇した有村架純、森田剛 クランクイン!

女優の有村架純が20日、都内で行われた主演映画『前科者』の公開直前舞台あいさつに、共演の森田剛、磯村勇斗、石橋静河、岸善幸監督と共に出席。有村が森田の瞳の美しさを絶賛した。

 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)連載中の同名漫画(原作・香川まさひと、作画・月島冬二)を実写化する本作は、罪を犯した?前科者”たちの更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。有村が新人保護司の阿川佳代を、森田が佳代の元で更生し社会復帰へ近づいていたが、ある日姿を消し再び警察に追われる身となる男・工藤誠を演じる。

 本作が初共演となる有村と森田。役柄のこともあり、現場で多く話をするわけではなかったというが、有村は「山場のシーンを乗り越えて、残り2日くらいで『趣味はなんですか?』というところから始まりまして」と森田との会話を振り返った。

 さらに「お話させていただいて、初めて目をしっかり見たときに、瞳の美しさにハッとさせられてしまって」と明かし「そこから感じ取れる心根の優しさだったり…緊張感のある撮影だったんですけど、その瞳にものすごく救われたような気がしました」と告白。一方、森田は有村について「現場でのあり方もそうですし、役を通して人に対しての寄り添い方というか、あきらめない強さというか。そういうパワフルなところを見られたので、すごくうれしかったです」と語った。

 作品の内容にちなみ“勇気づけられたエピソード”を聞かれると、磯村は「架純ちゃんの存在は大きいかもしれないですね」とコメント。2人はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で共演しており、磯村は「朝ドラで一緒にやって、そこから連絡を取り合うことがあるんですけど、そのときに最後『お互いがんばろうね』っていつも架純ちゃんが送ってくれるんです」と有村からの言葉に勇気づけられていることを明かした。有村は「大切な仲間なので」とほほ笑んだ。

 続けて森田は「僕も磯村さんと同じで『がんばろうね』って言葉なんですけど」と切り出し「僕の場合、歯医者さんですかね」と回答。「歯医者さんで『がんばろうね』って言われたら、『よしがんばろう!』って…」と答え、会場の笑いを誘った。

 映画『前科者』は、1月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)