亡くなった妻が10歳の小学生に生まれ変わり! 『妻、小学生になる。』今夜スタート

亡くなった妻が10歳の小学生に生まれ変わり! 『妻、小学生になる。』今夜スタート

ドラマ『妻、小学生になる。』第1話より(C)TBS

俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)が今夜21日にスタートする。

 本作は、芳文社「週刊漫画TIMES」連載中の村田椰融による同名漫画を実写ドラマ化。10年前に愛する妻を失い、生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会を果たす。なんと妻(母)は生まれ変わって、10歳の小学生の女の子になっていたのだ。夫と娘はそんな妻(母)の姿に戸惑いながらも、10年ぶりに彼女に尻を叩かれ叱咤(しった)激励される。彼らのみならず、一家に関わる周りの人々が「生きること」に再び向き合おうとする、ちょっと変わったホームドラマだ。

 主人公の新島圭介を堤、10年前に他界した妻・新島貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりで小学生の白石万理華を毎田暖乃が演じる。

■第1話あらすじ

 新島圭介(堤)は、10年前に最愛の妻・貴恵(石田)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。たった一人の家族である一人娘の麻衣(蒔田)の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。2人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。

 そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子(毎田暖乃)がこの親子を訪れる。 「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」。信じられないが、妻のようだ。突然の別れから10年。妻はこの世に生まれ変わっていた。止まったままの家族の時間が、再び動き出す――。

 しかし、愛する妻は今、小学生の姿。同居することもできず門限は夕方6時。一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末だ。

 突然の別れから10年。元愛妻家の男と、外見は小学生の妻、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる。

 ドラマ『妻、小学生になる。』はTBS系にて毎週金曜22時放送。初回は15分拡大SP。

関連記事(外部サイト)