『カムカムエヴリバディ』錠一郎の“衝撃の一言”に騒然「なんでそんな嘘」「闇堕ちしないで」

『カムカムエヴリバディ』錠一郎の“衝撃の一言”に騒然「なんでそんな嘘」「闇堕ちしないで」

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第57回より(C)NHK

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第12週「1963-1964」(第57回)が21日に放送され、ラストシーンで錠一郎(オダギリジョー)がるい(深津絵里)に放った衝撃的な言葉に対して、ネット上には「その嘘は酷くない?」「闇堕ちしないで」といった反響が巻き起こった。

 錠一郎のレコーディングやデビューコンサートが春まで延期になったという知らせをトミー(早乙女太一)から聞かされたるいは不安に襲われる。るいは、錠一郎に連絡を取るために何度も手紙を送るものの、彼からの返事はない。

 一方、東京の錠一郎はなぜかトランペットが吹けなくなってしまったことから、レコーディングやコンサートが行えなくなっていた。原因がわからない錠一郎の症状に、芸能プロダクション社長の笹川光臣(佐川満男)はいら立ちを隠さない。娘の奈々(佐々木希)は、そんな父・光臣をなだめつつ、錠一郎を連れてさまざまな病院に連れて行き診察を受けさせるのだった。

 大阪のるいはある日、錠一郎が奈々と2人でしょっちゅう出かけているらしいという噂を耳にする。錠一郎が自分を裏切るはずはないと思うるいだったが、一向に自分に連絡をしてこないことに対して強い不安を感じてしまう。

 その後、回復の兆しの見えない錠一郎はレコーディングとコンサートをあきらめてひっそりと大阪へ戻ってくる。ジャズ喫茶のマスター・小暮(近藤芳正)は、優しく錠一郎を迎える。

 その翌朝、ジャズ喫茶の外に出た錠一郎はるいとバッタリ出くわしてしまう。そこへ錠一郎を心配して東京からやってきた奈々も姿を見せる。奈々がジャズ喫茶の店内に入ると、るいは「変な噂、聞きました」と切り出し「私はそんなん信じてません。大月さんに限って、そんな…」と言ったところで、錠一郎が制するように「ホンマや」と一言。そしてるいに近づくと「奈々のことが好きになった…そやからお前とは、終わりや」と言い放つ。

 錠一郎からの衝撃的な一言に対して、ネット上には「ジョーの大嘘つきぃー!」「なんでそんな嘘つくんだよ」「あかん、それはあかんって」「えー!その嘘は酷くない?」などのコメントが殺到し、さらに「闇堕ちしないでジョー!」「ジョーーー!!え?ジョーまって、それはちがう!」「ジョーの言葉にこっちまで時間止まった!!るいは大丈夫か!?」といった声が相次いだ。

 また錠一郎からの言葉を聞き、黙ってその場を立ち去ってしまうるいの姿が描かれ第57回が幕を閉じると、放送後には「えーーーーっ週末にこれは……」「こんな状態で土日を過ごさなきゃいけないなんて」「週末モヤモヤだわ〜」などの投稿も多数寄せられていた。

関連記事(外部サイト)