『妻、小学生になる。』10歳の子役・毎田暖乃に驚きの声「演技力すごい」「この子の中に石田ゆり子がいる」

『妻、小学生になる。』10歳の子役・毎田暖乃に驚きの声「演技力すごい」「この子の中に石田ゆり子がいる」

ドラマ『妻、小学生になる。』第1話より(C)TBS

俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が21日に放送され、石田ゆり子演じる妻の生まれ変わりとなる小学生にふんした10歳の子役・毎田暖乃の演技に、ネット上には「この子の中に石田ゆり子がいる」「演技力やばすぎ…」といった反響が巻き起こった。

 本作は「週刊漫画TIMES」(芳文社)で連載中の村田椰融による同名コミックを実写ドラマ化したホームドラマ。10年前に妻を失い、生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会を果たし、再び“生きること”に向き合う姿を描いていく。主人公の新島圭介を堤、10年前に他界した妻・新島貴恵を石田、圭介と貴恵の一人娘・麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりで小学生の白石万理華を毎田が演じる。

 第1話の冒頭では、10年前の圭介と貴恵の仲睦まじい姿が描かれるものの自動車事故をきっかけに一転。貴恵は亡くなり、圭介や麻衣の精彩を欠いた日常が映し出されていく。貴恵の死から10年が経ったある日、新島家にランドセルを下げた小学生の女の子・万理華がやってくる。圭介が玄関を開けるなり、万理華は笑顔で「ただいま」とあいさつし、当然のように家に入っていく。狼狽する圭介に対して万理華は「間違えてないわよ。ここは私の家…私は新島貴恵。あんたの妻。麻衣の母親」と自己紹介。その後も、万理華は頻繁に圭介や麻衣の元に姿を見せては2人を困惑させる。

 貴恵が生まれ変わった万理華を演じる毎田は、貴恵役の石田の口調や仕草、表情を忠実に再現し、華麗な包丁さばきも披露。毎田の見事な演技に、ネット上には「ホントにゆり子さんに見える…」「この子の中に石田ゆり子がいるよ…凄すぎる…」「ほんとに石田ゆり子が乗り移ってる感じ」などの声が殺到。さらに「この子の演技力やばすぎ…」「こりゃ芦田愛菜以来の天才子役や…」「将来ドえらい役者さんになりそう」といった称賛も相次いだ。

 万理華の言動がにわかに信じられない圭介と麻衣。2人は悩みながらも万理華を拒絶していく。しかし万理華は自分が貴恵であることを信じてもらおうと、圭介には思い出の味を再現した弁当を、そして20歳を迎えた麻衣には、自分の死後祝うことができなかった11歳から20歳までを祝福するバースデーケーキを作って贈るのだった。第1話のクライマックスでは、貴恵の生まれ変わりを信じた圭介と麻衣が小学校から下校する万理華を迎えに行き、3人で手をつなぎ笑顔で駆けていく姿が描かれた。この展開に、ネット上には「涙が止まらないんだけど」「泣ける。ボロボロに泣いてる」「涙腺崩壊」などのコメントが集まった。

 そして第1話の放送後、ネット上には「ありえない設定を信じさせる演者さんすごい」「神ドラマ確定!!これ感動するやつじゃん!」「突拍子もない設定なのに感情移入してしまった。毎週楽しみ」といった反響も多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)