英ウィリアム王子&キャサリン妃、モフモフのセラピードッグに笑顔

英ウィリアム王子&キャサリン妃、モフモフのセラピードッグに笑顔

ウィリアム王子&キャサリン妃、セラピードッグと対面し笑顔に(C)Zeta Image

英王室のウィリアム王子とキャサリン妃が、公務で訪れた病院でセラピードッグと対面。弾ける笑顔を見せた。

 JustJaredによると、現地時間1月20日、ウィリアム王子とキャサリン妃は、公務でマンチェスター北西のクリザローにあるクリザロー・コミュニティー病院を訪れた。

 キャサリン妃はブラウンのタートルネックのニットワンピースに同系色のコート、ロングブーツというワントーンコーデ。一方のウィリアム王子は、ブルーのシャツにバーガンディのニットを重ね、ブルーのコートを羽織ったスタイルだった。

 公務では、病院で働くスタッフと交流したのち、新入りのセラピードッグ、コッカプーのアルフィーと対面した。アルフィーはこれから、病院で働くスタッフや、訪れた患者を和ませる役割を担うという。

 モフモフでかわいらしいアルフィーを抱いたキャサリン妃は満面の笑顔で、アルフィーは早くもセラピー犬の本領を発揮したようだ。

関連記事(外部サイト)