阿部寛×北村匠海『とんび』、ゆずが主題歌書き下ろし 本予告&ポスター解禁

阿部寛×北村匠海『とんび』、ゆずが主題歌書き下ろし 本予告&ポスター解禁

映画『とんび』本ポスタービジュアル(C)2022 『とんび』 製作委員会

俳優の阿部寛が主演する映画『とんび』の主題歌がゆずの書き下ろし楽曲「風信子(ヒヤシンス)」に決定し、同曲を使用した本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。併せて公開日が4月8日に決定したことも発表された。

 本作は、これまでに2度テレビドラマ化され、時代を超えて愛され続ける親子の絆を描いた重松清の名作『とんび』初の映画化。『64 ‐ロクヨン‐』『糸』など、多くのヒット作を手掛ける瀬々敬久が監督を務める。

 物語の舞台は、瀬戸内海に面した備後市。昭和37年、ヤスこと市川安男は、愛妻との間に待望の息子・アキラを授かったが、ようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、不器用にも息子を愛し育て続けた―。

 主人公の破天荒ながら愛すべき父・ヤス役を阿部、ヤスの息子・アキラ役は北村が演じる。そのほか、ヤスの姉貴分でアキラを我が子のように可愛いがる小料理屋「夕なぎ」の女将・たえ子役に薬師丸ひろ子。出版社に勤める編集者でアキラの婚約者・由美役に杏。ヤスの幼なじみで薬師院の跡取り息子・照雲役に安田顕。照雲の妻・幸恵役に大島優子。ヤスの妻でアキラの母・美佐子役に麻生久美子。さらに、濱田岳、宇梶剛士、田中哲司、豊原功補、嶋田久作、村上淳、尾美としのり、麿赤兒、吉岡睦雄、宇野祥平、木竜麻生ら豪華俳優陣が集結し、笑いあり涙ありの感動ドラマをオールスターキャストで紡ぎだす。

 本予告映像は、息子アキラの「父は街の名物男だった」という語り口から始まる。幼なじみの照雲からは「ヤスが父親になるんじゃけ、日本も平和になったちゅうこっちゃ」と言われるほど破天荒な父ヤス。「とんびが鷹を生んだ」と街の人々に囃されるほど愛らしい息子と、妻の美佐子との3人で仲睦まじく暮らし人生絶頂の幸せにいたが、ある日突然の悲劇に見舞われる。中盤からはゆずの主題歌「風信子(ヒヤシンス)」が流れる中、美佐子を失ったヤスとアキラが街の人の暖かさに包まれる姿や、ヤスの海より深い愛が情感たっぷりに映し出されていく。

 このたび発表された、ゆずの主題歌「風信子(ヒヤシンス)」。ヒヤシンスの花言葉は「変わらぬ愛」で、同曲には「子から親への愛と感謝の気持ち」が込められているという。ゆずの北川悠仁は「若い頃に想う親への気持ちと、今この年齢になったからこそわかる親の気持ちみたいなものがあって。それでもやはり、計り知れない想いもたくさんあります。そんな親を想う子の気持ちや、子を想う親の気持ち。さまざまな“愛の形”をイメージしながら楽曲を書き上げました」とコメント。

 主題歌について、阿部は「映画のエンドロールにゆずのお二人が作ってくださった『風信子』が流れたとき、自然と穏やかな温かい気持ちに包まれました。子を想う親、親を想う子、普遍的な親子の原風景を描いた『とんび』に、『風信子』という素敵な花を添えて頂き、とても嬉しく思っております」。北村は「『風信子』には『とんび』に描かれている不器用な愛情、特に父からみる息子への温かさが滲んでいるように感じられました。そして、ゆずのお二人の声が作品全体を優しく包んでくれているようで、どこまでも飛んでゆくトンビの親子を想いました」と語っている。

 映画『とんび』は4月8日より全国公開。

関連記事(外部サイト)