トム・ホランド主演『アンチャーテッド』、日本版ポスター解禁 森川智之、大塚明夫ら吹き替えキャストも追加発表

トム・ホランド主演『アンチャーテッド』、日本版ポスター解禁 森川智之、大塚明夫ら吹き替えキャストも追加発表

『アンチャーテッド』日本版ポスター

俳優トム・ホランド主演最新作『アンチャーテッド』より、日本版ポスターが解禁。併せて、追加の吹き替えキャストとして、森川智之、大塚明夫、雨宮天、白石涼子、武内駿輔が出演することが発表された。

 トレジャーハンターのネイサン・ドレイクが、伝説の秘宝や古代都市の謎を紐解いていくアクション・アドベンチャーゲーム「アンチャーテッド」シリーズを実写映画化した本作。実在した海洋冒険家フランシス・ドレイクの子孫を名乗り、歴史に精通し類まれな身体能力をもつ若き主人公ネイサン(愛称:ネイト)を、『スパイダーマン』シリーズで主演を務めるトム・ホランドが演じる。監督は『ヴェノム』のルーベン・フライシャー。

 NYでバーテンダーとして働くネイサン・ドレイク(トム)は、器用な手さばきを見込まれ、トレジャーハンターのビクター・サリバン(マーク・ウォールバーグ)から「50億ドルの財宝を一緒に探さないか」とスカウトされる。サリーが消息を絶った兄サムの事を知っていたことから、トレジャーハンターになることを決意したネイト。しかしその財宝は、他の組織からも狙われていた。

 最初の手掛かりとなるのはゴールドの十字架。サンティアゴ・モンカーダ(アントニオ・バンデラス)率いる敵の組織との争奪戦の末、十字架を手にしたネイトとサリーは、500年前に消えたとされる幻の海賊船に誰よりも早く辿り着く。しかし2人は、その海賊船ごと吊り上げられてしまい…。

 日本版ポスターは、「誰よりも早く50億ドルを奪い取れ―― 地図にない場所(アンチャーテッド)から」という言葉と共に、これから起きる出来事を見据えるかのような表情のネイト(トム)が大きく配置されたもの。その下には、険しい表情のサリー(マーク)や敵組織のモンカーダ(アントニオ)ら、同じ財宝を奪い合うことになる面々が並んでいる。果たしてネイトは謎を解明し、誰よりも早く財宝を奪うことができるのか。世界を股に掛けた大冒険を予感させる、スケールの大きいビジュアルに仕上がっている。

 さらに今回、主人公ネイトの声優を務める榎木淳弥に加え、森川智之、大塚明夫、雨宮天、白石涼子、武内駿輔の5人が吹き替えキャストを務めることが決定。主人公ネイトの師匠的存在で共に財宝を探すサリー役の声を、トム・クルーズやキアヌ・リーヴス、ユアン・マクレガーなど数多くの人気スターの吹替を務めてきた森川が演じる。ネイトと同じ財宝を狙う敵サンティアゴ・モンカーダ役には、これまでも数々の作品でアントニオの吹替を担当し、アニメ『攻殻機動隊』のバトー役などでも知られる大塚。

 ネイトとサリーと行動を共にすることになる女性クロエ・フレイザー(ソフィア・アリ)役の声を、アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』のアクア役を務める雨宮。ネイトとサリーのトレジャーハントを邪魔する謎の女性ジョー・ブラドック(タティ・ガブリエル)役を、アニメ『鬼滅の刃』で蜘蛛の鬼(姉)役を演じた白石。ネイトの兄サムの少年時代を、アニメ『KING OF PRISM』の大和アレクサンダー役で知られる武内が務める。

 なお本作のムビチケ前売り券(オンライン)は1月30日より発売される。

 映画『アンチャーテッド』は2月18日より日米同時公開。

関連記事(外部サイト)