日向坂46・丹生明里、長編アニメ声優初挑戦に「感極まっちゃいました」 竹達彩奈の称賛には照れ笑い

日向坂46・丹生明里、長編アニメ声優初挑戦に「感極まっちゃいました」 竹達彩奈の称賛には照れ笑い

劇場版『DEEMO サクラノオト ‐あなたの奏でた音が、今も響く‐』完成披露試写会に出席した丹生明里(日向坂46) クランクイン!

日向坂46の丹生明里が25日、都内で開催された『劇場版 DEEMO サクラノオト ‐あなたの奏でた音が、今も響く‐』完成披露試写会に出席。丹生はエンドロールで自身の名前が流れたことについて「思わず感動して、うるっときてしまいました」と笑顔を見せた。

 本作は、全世界累計2800万ダウンロードを突破した音楽リズムゲーム『DEEMO』のアニメ化。ピアノを弾く謎の生き物“Deemo”が、ある日空から降ってきた女の子を元の世界に戻そうとする姿を描く。この日は竹達彩奈、松下洸平、濱田岳、イッセー尾形、藤咲淳一(総監督・脚本)、松下周平監督も出席していた。

 不思議な城の中で暮らす仮面の少女役の丹生は「劇場版の長編アニメのアフレコをさせていただいたのが初めてで。本当に、お話をいただいたときは、え? 本当ですか? って信じられないくらいだったんですけど、ずっと憧れだったので、うれしくて」と回想。

 さらに完成した作品を観た感想を「最後にエンドロールで自分の名前が流れた時は、ちょっと思わず感動して、うるっときてしまいました。『あ、本当に映画館の中から自分の声が聞こえる』と思ったら、感極まっちゃいました」と笑顔で明かした。そんな丹生の声優について、竹達は「すごく素敵でした。初めてとは本当に思えないくらい」と称賛し、これに丹生は「ありがたいです。そう言っていただいて」と照れ笑いを見せていた。

 一方、天才ピアニスト・ハンス役の松下は「完成された画の中に、ハンスっていうキャラクターがいて。そのハンスに声を合わせるときに、僕のありのままの声では、ちょっと物足りない部分があって、どう色を付けていくか。このDEEMOという世界観の中に、ちゃんと成立させる声を作るには、どうしたらいいかなというところで」と話したうえ、「例えば言い方だったり、強弱とか。そういったところを、本当に一言一言相談しながらやらせていただいたので。僕としては楽しかったですし、すごく貴重な経験をさせていただいたなと思いました」と振り返っていた。

 アニメ『劇場版 DEEMO サクラノオト ‐あなたの奏でた音が、今も響く‐』は、2月25日より全国公開。

関連記事(外部サイト)