阿部サダヲ×岡田健史『死刑にいたる病』、音尾琢真、岩井志麻子ら追加キャスト発表

阿部サダヲ×岡田健史『死刑にいたる病』、音尾琢真、岩井志麻子ら追加キャスト発表

映画『死刑にいたる病』、音尾琢真ら追加キャスト発表(C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

俳優の阿部サダヲと岡田健史がダブル主演する白石和彌監督の最新作『死刑にいたる病』が、5月6日より公開されることが決定。併せて追加キャストとして、宮崎優、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト、吉澤健、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダの9名の出演が発表された。

 本作は、作家・櫛木理宇の同名小説(『チェインドッグ』から改題)を映画化するサイコサスペンス作品。日本史上類をみない数の若者を殺した連続殺人鬼・榛村役を阿部、収監されている榛村の元に通い事件の真相に迫る筧井雅也役を岡田が演じる。そのほか、事件を捜査する雅也の行く先々に現れる謎の男・金山一輝役を岩田剛典、雅也の母で常に夫の顔色をうかがう筧井衿子役を中山美穂が務める。

 理想とは程遠いランクの大学に通い、うっ屈した日々を送る雅也の元に、ある日届いた1通の手紙。それは世間を震え上がらせた希代の連続殺人事件の犯人・榛村からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、うち9件で起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪(えんざい)だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった―。

 今回解禁されたのは、新鋭若手から白石組常連のベテラン個性派俳優まで集結した9名の追加キャスト。映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する若手俳優の宮崎優は、雅也と同じ大学に通う幼なじみの加納灯里役。中学校時代にいじめられていた彼女を助けてくれた雅也に好意を抱いているという役どころだ。雅也との間に確執を抱える厳格な父・筧井和夫を演じるのは、俳優のほか映画監督としても活動している鈴木卓爾。

 映画やドラマのほか、ミュージックビデオなどにも出演する佐藤玲は、殺人鬼・榛村が“冤罪”を訴える最後の殺人事件の被害者・根津かおる役。俳優のほか映画プレゼンターとして活動する赤ペン瀧川は、榛村の担当弁護士・佐村役。雅也と同じ大学の学生・クラタ役を映画やドラマで活躍中の若手俳優・大下ヒロト、榛村の隣人である地元の老人役を白石組常連の吉澤健、昔の榛村を知る滝内役を同じく白石組常連の音尾琢真が演じる。

 作家の岩井志麻子は、最後の被害者が発見された森を所有する赤ヤッケの女役。そして、金山一輝の元同僚・相馬役を、元ブルゾンちえみとともにwith Bとして活動していた元お笑いコンビ・ブリリアンで、現在は俳優業の他にアメリカンフットボール選手など幅広く活躍するコージ・トクダが務める。

  映画『死刑にいたる病』は5月6日より全国公開。

※次ページに追加キャストからのコメント

『死刑にいたる病』追加キャストコメント全文

■宮崎優(加納灯里役)
クランクアップした後。台本を見返すと何故かぽっかり穴が空いた様な不思議な気持ちになりました。こんな感覚は初めてだったので“灯里”という役は私にとってかけがえのない存在なのだと気付かされました。白石組の一員として“灯里”として生きれた事を心から嬉しく思います。皆さんと劇場でお会い出来るのを楽しみにしています!

■鈴木卓爾(筧井和夫役)
はじめにいただいたシナリオを読んだ時、雅也の家族の間に流れる空気がありありと伝わってきました。現場で、岡田健史さん、中山美穂さん、白石監督、白石組の皆さんと、この空気の濃度を確かめるように場面を作っていきました。この空気、ぜひ劇場で皆さんに味わってもらえたらと思っています。

■佐藤玲(根津かおる役)
念願叶い白石監督とご一緒出来たこと、とても嬉しく思っています。誰もがどこかで好奇の目を持って興味を抱いてしまうシリアルキラーと、自分自身かのような平凡な人間との対峙に、終始ヒリヒリしました。たった一つの冤罪証明…一体どんな結末が待っているのか、ぜひ映画館でお楽しみください!

■赤ペン瀧川(佐村役)
白石組に再び呼んで頂き、本当に本当に嬉しかったです。現場では阿部さんの芝居を間近で見て、岡田さんとガッツリ絡み、俳優として幸せな時間を過ごしました。その後、完成した映画を観せて頂きましたが、とんでもない映画になっておりました。あの幸せな時間の結晶がこんな恐ろしい映画になるなんて…。

■大下ヒロト(クラタ役)
自分が演じた役は、雅也と同じ大学のクラタという人間です。雅也とは対照的な人間でもありますが、雅也と同じくどこにでもいる人間でもあります。台本を読んだ時に、限られたシーンの中で、そこをどう表現していくか考えた時、自分もクラタという人間になりうる可能性がある。ということを意識して現場に臨みました。高校時代にレンタルショップで借りて観た『凶悪』から7年。白石監督と一緒に映画を作れた事は、一俳優としても一ファンとしても幸せでした。

■吉澤健(地元の農夫役)
この度の役柄は「地元の農夫」です。私はこの地元の××役というのが好きで、どうすれば俳優が演じるものとは似て非なるものが出せるか、為所のある役でした。

■音尾琢真(滝内役)
見えない何かが重くのしかかるような作品の中で、与えられた日常を健気に生きる人の姿を映像に映し出すべく、それでいてリラックスして臨みました。撮影時は岡田さんとしかお会いしておりませんが、すでに出来上がった登場人物となっていたので、良きベテラン共演者となれるよう頑張りました。
白石監督は、もう何度ご一緒させてもらったか分からなくなるほどですが、いつも思う通り、魅了な演出が多かったです。白石監督作品のファンでもある私ですが、今回は冒頭の描写から挫けそうになりました。撮るたびに映像の迫力が増していて、また一つ傑作が誕生したと思います。ぜひ劇場で、最後まで何が起こるかわからない展開に心して身を預けて下さい。

■岩井志麻子(赤ヤッケの女役)
「凶悪」を観て以来、叙情的な生地獄を司る白石監督の映画出演が悲願となっておりました。現場では、岡田さんの真摯な美男ぶりに圧倒されました。韓国でも人気の中山さんと共演、これで韓国人の夫にも見直されました。ただ一つの心残りは阿部さんにお会いできなかったことですが、完成作を観たら、会わなくて良かったかも、と心底から安堵しました。

■コージ・トクダ(相馬役)
岩田剛典さん演じる金山の元同僚「相馬」という男を演じました。相馬の大雑把な性格がどことなく自分と重なる部分があり、日常生活から相馬を取り入れて撮影に臨みました。何より、白石監督の作品に携わらせて頂けた事を光栄に思います。どうぞ公開の日を楽しみにしていて下さい。

関連記事(外部サイト)