土屋太鳳、フジ連ドラ初出演&主演 松下洸平と夫婦役『やんごとなき一族』4月スタート

土屋太鳳、フジ連ドラ初出演&主演 松下洸平と夫婦役『やんごとなき一族』4月スタート

ドラマ『やんごとなき一族』で初共演する(左から)松下洸平、土屋太鳳(C)フジテレビ

女優の土屋太鳳が主演を務め、俳優の松下洸平が共演するドラマ『やんごとなき一族』が、フジテレビ系にて4月より毎週木曜22時に放送されることが決まった。土屋はフジテレビ系連続ドラマ初出演で、松下とは初共演となる。

 こやまゆかりによる同名漫画(講談社『Kiss』連載中)を実写化する本作は、庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係にほんろうされながらも、夫とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”。

 下町育ちの主人公が嫁ぐことになったのは、江戸時代から400年以上続く名家で、不動産事業を手がけ膨大な資産を有する一族。一等地に建つ豪邸に住み、一流の品々に囲まれ、華やかなうたげを楽しむ…。しかし、誰もがうらやむ一族の栄華の影にあるのは、“嫁VSしゅうとめ”、“本妻VS愛人”の戦いや後継者争い、いまだに残っている“男尊女卑”など、壮絶な試練の数々。それに立ち向かう主人公によって、ワケあり一族の本当の姿が次々と暴かれていく。

 土屋が演じる主人公・篠原佐都は、母と二人で大衆食堂・まんぷく屋を営む下町育ちの女性。芯が強く、明るい性格で、食堂の看板娘として常連客からかわいがられている。ある日、交際中の深山健太からプロポーズされ、それを受け入れるが、身分の格差を理由に深山家の親族は結婚を猛反対。それでも純朴で庶民的な健太を信じ、駆け落ち同然に入籍。はじめは深山家の旧態依然ともいえる上流社会ならではのしきたりの数々に納得できずにいたが、健太の心中に“深山家を普通の家族にしたい”という願いがあることを知り、深山家に入って戦うことを決意する。

 土屋は台本を読んだ感想を「正直な気持ちを言葉にしますと、とても共感を覚える部分と、自分には共感が得にくい部分の両方を感じました。でもそれは、この作品と佐都がそれだけ豊かな面を持っていて、かつパワフルで、しかも変化が多い存在だからだと思います。クランクインまでに機会があればディスカッションさせていただきつつ、素直に、そして、こやまゆかり先生が創り出してこられた原作コミックに敬意をこめて佐都を見つめ、健太と深山家を見つめ、心身共にスタートダッシュできる準備を整えたいと思います」とコメント。

 一方、佐都の夫となる深山健太を演じる松下は、自身の役柄について「深山家という恐ろしい一族の人間ながら、深山健太は人情にあふれた人物だと思います。男としてのプライドもあって頑固なところもありますが、人をまっすぐ愛することができるし、不器用なところもあるけれど、憎めない人懐っこさもあるような…これまで自分が頂いた役柄を全部足したようなキャラクターではないかと思います」と説明。初共演となる土屋の印象については「とても明るくて天真爛漫(らんまん)な雰囲気はあるのに、芯は強くて太い。そんな印象を受けました。悩みながら演じることもあると思いますが、その都度土屋さんとも話し合いながら作っていけたらなと思っています。現場で一緒に芝居するのがとても楽しみです!」と話している。

 脚本は、『相棒』シリーズや『この恋あたためますか』を手がけた神森万里江。演出を、『コンフィデンスマンJP』シリーズや『イチケイのカラス』などを手がけた田中亮が務める。

 木曜劇場 『やんごとなき一族』は、フジテレビ系にて4月より毎週木曜22時放送。

関連記事(外部サイト)