伝説のマフィア王“マイヤー・ランスキー”の人生 『ギャング・オブ・アメリカ』メイキング写真解禁

伝説のマフィア王“マイヤー・ランスキー”の人生 『ギャング・オブ・アメリカ』メイキング写真解禁

映画『ギャング・オブ・アメリカ』メイキング写真(C)2021 MLI HOLDINGS,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

俳優ハーヴェイ・カイテルが主演を務める映画『ギャング・オブ・アメリカ』より、メイキング写真が解禁された。

 本作は、全米最大の犯罪組織《シンジケート》を率いアメリカの暗黒街を支配した男の人生を描くクライム・サスペンス・アクション。

 マイヤー・ランスキーは、禁酒法時代から戦後まで、アメリカの暗黒街を牛耳った伝説のギャング。年老いたランスキーに作家のストーンがインタビューを行う。そこで語られた驚くべき真相とは? 1910年代から1980年代まで、時代を行き来しながら、1人のマフィアの壮絶な人生にサスペンスフルに迫ってゆく。

 出演は、ランスキー役に『レザボア・ドッグス』の名優ハーヴェイ・カイテル。作家役に『アバター』シリーズのサム・ワーシントン。若き日のランスキーには、『オーヴァーロード』のジョン・マガロ。本作の監督・脚本を担当したエタン・ロッカウェイの父親であるロバート・ロッカウェイは、実際に生前のランスキーにインタビューを行ったサム・ワーシントン演じる作家ストーンのモデルでもある。

 この度解禁されたメイキング写真では、年老いた伝説のマフィア、マイヤー・ランスキーを演じたハーヴェイ・カイテルとエタン・ロッカウェイ監督が嬉しそうにハグを交わす姿や、レストランでのインタビューシーン撮影中の楽しげに笑顔を交わすハーヴェイと監督を捉えたリラックスした雰囲気のオフショットのほか、監督と真剣な表情で演技について議論を交わすサム・ワーシントンとハーヴェイの姿も切り取られている。

 映画『ギャング・オブ・アメリカ』は、2月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)