東山紀之、傷だらけのボロボロに 新感覚スパイアクション『GAME OF SPY』世界配信決定

東山紀之、傷だらけのボロボロに 新感覚スパイアクション『GAME OF SPY』世界配信決定

Amazon Original ドラマ『GAME OF SPY』ティザービジュアル(C)東映株式会社

東山紀之が主演するAmazon Originalドラマ『GAME OF SPY』が、Amazon Prime Videoにて初夏に世界独占配信されることが決定。併せてティザー画像と特別映像が解禁された。

 本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日本を舞台に、依頼が入ると冷静かつ迅速に任務を遂行する法務省外局・公安調査庁に設置された極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」の諜報(ちょうほう)員が、人知れずこの国を守るため活躍する姿を描くスパイアクションエンターテインメント。軍隊格闘カリ・シラットに手裏剣や吹矢、かぎ縄など日本古来の武器を融合させた超絶アクションが繰り広げられるほか、往年のスパイ映画へのオマージュを感じる設定、さらに最新鋭の技術を駆使した斬新かつクールな映像表現が繰り広げられる。

 本作が配信ドラマ初主演となる東山が演じるのは。主人公の羽柴猛。「GOS」のチームリーダーで、これまで幾度となく国家存亡の危機を影ながら回避させてきた日本屈指の諜報員だ。戦闘能力が高く、軍隊格闘カリ・シラットと「殺陣」を融合させた独自の格闘スタイルで相手を次々と倒していく。灼熱(しゃくねつ)や高所、極寒など過酷な場所を好む性格で、目を離すとすぐ危険なところにいる一風変わったスパイだ。

 これまで数々の刑事ドラマでアクションシーンをこなしてきた東山だが、本作ではその上をいく超ど級アクションに挑戦。肉体の限界に挑み、ハリウッド大作に負けないアクションシーンを披露している。

 東山は「今回は、僕を傷だらけのボロボロにしたいということで、そのリクエストに応じ、本当に現場の羽柴は血だらけになっています。皆さんが思っているイメージとはずいぶん違うものを、監督が表現してくれたと思います」とコメントしている。

 監督は連続ドラマ『刑事7人』『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』の及川拓郎。脚本は『ルパンの娘』『翔んで埼玉』の徳永友一が担当する。

 ティザー画像は、火の粉が飛ぶ中、血だらけの東山が正面を真っすぐ見据え、何かを背負った孤高の男をほうふつとさせる。

 特別映像は、ハードなアクションをこなす東山の真剣な姿を捉えたメイキング、激しい銃撃戦、戦闘シーンを中心に構成。まるでハリウッドのスパイ映画のようなスタイリッシュかつダイナミックなもので、進化を遂げた東山のアクションにも期待が高まる映像となっている。

 Amazon Originalドラマ『GAME OF SPY』は、Amazon Prime Videoにて、初夏、世界独占配信開始(30分×全10話)。

関連記事(外部サイト)