赤楚衛二×町田啓太『チェリまほ THE MOVIE』本ビジュアル完成 ストーリー&新キャストも解禁

赤楚衛二×町田啓太『チェリまほ THE MOVIE』本ビジュアル完成 ストーリー&新キャストも解禁

映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』本ビジュアル(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会

俳優の赤楚衛二が主演し、町田啓太らが共演する映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』より、安達(赤楚)と黒沢(町田)の異なる2通りのシチュエーションを捉えた本ビジュアルが完成。併せて映画版ストーリー、新キャスト、主題歌・挿入歌が一挙解禁された。

 本作は、テレビ東京系にて2020年10月期に放送されたドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称「チェリまほ」)の続編となる劇場版。原作は、180万部突破の豊田悠による人気漫画で、童貞のまま30歳の誕生日を迎えたことにより“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた安達と、そんな彼に好意を抱く会社の同期の黒沢によるラブコメディだ。

 映画には、主演の赤楚、共演の町田をはじめ、浅香航大、ゆうたろう、草川拓弥(超特急)、佐藤玲、鈴之助らおなじみの個性的なレギュラーキャストが引き続き出演。監督はドラマに引き続き風間太樹、脚本は坂口理子が務める。

 晴れて恋人となり、魔法がとけてハッピーエンドを迎えたかのように思われたドラマのエンディングだったが、映画ではなぜかまだ魔法が使えていて…? 社内恋愛も順調な幸せな日々の中、安達に転勤の話が舞い込む。やりたい仕事ができるチャンスに喜ぶ安達だったが、転勤先ははるか1200km離れた長崎だった。転勤話をめぐり、互いを想い合うがゆえにすれ違ってしまう安達と黒沢。そして、遠距離恋愛をきっかけに2人は未来について考え始めて―。

 今回解禁された本ビジュアルに描かれているのは、安達が初めて黒沢の心に触れたオフィスで、再び黒沢の心に耳を傾けようと寄り添う姿と、部屋着姿でくつろぐ穏やかな2人という、異なる2通りのシチュエーション。ドラマでハッピーエンドを迎えた2人の“その後”に期待が高まるビジュアルとなっている。

 さらに映画版の新キャストも発表。安達が転勤する長崎支社の同僚役に松尾諭、安達と黒沢の両親役として、遠山俊也と榊原郁恵、鶴見辰吾と松下由樹の出演が決定した。

 映画版主題歌・挿入歌は、ドラマ版で好評を得たアーティスト2組が続投。ドラマ版オープニングテーマ「産声」を手掛けたOmoinotakeは映画版主題歌「心音」を、ドラマ版エンディングテーマ「Good Love Your Love」を歌うDEEP SQUADは、映画版挿入歌「Gimme Gimme」をそれぞれ書き下ろす。なお、音源については今後発表予定。

 映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』は、4月8日より公開。

関連記事(外部サイト)