新スーパー戦隊『ドンブラザーズ』主演は樋口幸平 『ゼンカイジャー』駒木根葵汰が続投

新スーパー戦隊『ドンブラザーズ』主演は樋口幸平 『ゼンカイジャー』駒木根葵汰が続投

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』制作発表会見より(C)テレビ朝日・東映AG・東映

3月6日よりスタートするスーパー戦隊シリーズ『暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時30分)の制作発表会見が行われ、主演・樋口幸平をはじめ、キャスト陣や主題歌などが発表された。

 本作は、桃太郎をモチーフに、ドンモモタロウ(レッド)が、お供のサルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)、オニシスター(イエロー)と一緒に、強大な敵に立ち向かっていく姿を描く物語。

 主人公・ドンモモタロウ/桃井タロウを演じるのは、AbemaTV『恋とオオカミには騙されない』『私が獣になった夜』に出演、モデルとしても活躍する樋口幸平。樋口は「1年間、全力で頑張っていきたい!」と気合い十分の様子。

 ドンモモタロウが率いるお供のキャストには、サルブラザー/猿原真一役・別府由来、オニシスター/鬼頭はるか役・志田こはく、イヌブラザー/犬塚翼役・柊太朗、キジブラザー/雉野つよし役・鈴木浩文がスタンバイ。各自が変身後のパネルを自分で運び入れるというスタイルで登場するやいなや、「ピンクが男性!」という斬新な設定や、小さいイヌブラザー、大き過ぎるキジブラザーのサイズ感にファンから驚きの声が上がった。

 元銀行員で今年34歳になる最年長・鈴木は、苦労してきた過去を思い出し、「お世話になった人に、ようやく恩返しできるきっかけをつかんだ気持ちです」と思わず涙ぐむひと幕も。その姿に、樋口らが「頑張れ!」と声を掛けるなど、早くも固い絆で結ばれている様子を垣間見ることができた。

 さらに、ドンモモタロウ/桃井タロウの育ての親で、5人の若きヒーローたちを見守る桃井陣を演じる和田聰宏も登場。和田は、「作品の中でドンブラザーズの成長を見ることができますし、演じる皆さんの俳優としての姿も見届けられるのが楽しみ」とキャスト陣に期待を寄せた。

 本作でドンブラザーズが立ち向かうことになるのは、人間の欲望を良しとしない謎の組織・脳人(のうと)。そのメンバー・ソノイを演じる富永勇也、ソノニを演じる宮崎あみさ、ソノザを演じるタカハシシンノスケが登場。富永は「人間とはちょっと違った種族なんですが、僕たちもわかっていることがまだまだ少ないんです。これから解き明かされていくと思うので、ぜひそこも楽しみにしていただきたいです」と語った。

 会見ではスタッフとして紛れていた『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公のゼンカイザー/五色田介人役の駒木根葵汰が、「ドンブラザーズ」のサプライズキャストとしてあいさつし、会場から驚きの声が。「まだ僕もこれから何をしていけばいいのかわからない子猫ちゃん状態なので、皆さん優しくしてくれたらうれしいです(笑)」とコメントした。駒木根演じるゼンカイザーブラック/五色田介人は、『機界戦隊ゼンカイジャー』の主人公に酷似しているが、まったく違うキャラクターとして、ドンブラザーズをサポートすることになる。

 そしてドンブラザーズのメンバーがオープニング曲『俺こそオンリーワン』に合わせて、「ドンブラダンス」を初披露。この曲を歌うアーティスト・MORISAKI WINも登壇し、「イントロでさっそくタイトルを叫んでいますので、曲がはじまった瞬間、みんなで一緒にテレビを見ながら『ドンドンドンブラザーズ♪』と歌ってくださいね」と、曲のポイントを解説。

 会見ラストでは、主演の樋口が「作品の世界を作ってくれる監督さんやスタッフさんが素晴らしすぎるので、あとは僕たちがこの最高に素敵な場所をいかに大事にするかだと思っています。この1年間、全力で走り抜けたいと思います!」と力強くコメントした。

 『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、テレビ朝日系にて3月6日より毎週日曜9時30分放送。

 コメントは以下の通り。

<暴太郎戦隊ドンブラザーズ>
◆ドンモモタロウ/桃井タロウ役:樋口幸平

 この役をいただいて最初は正直すごく不安な部分もありました。自分が歴史あるスーパー戦隊シリーズのレッドとしてこの舞台に立っているなんて、足が震えるぐらい緊張していますが、すごくうれしいです。

 桃井タロウは配達員で、ウソをつくことができない…そもそもこの世界に来たときからウソという概念が備わっていない人物です。絶対に見ていただきたいのは、変身前と変身後とではぜんぜん違った性格だというところ。中にあるものがフツフツとあふれだす感じなんです。そして、誰が見てもわかると思うのですが、この『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は作品の世界を作ってくれる監督さんやスタッフさんが素晴らしすぎるので、あとは僕たちがこの最高に素敵な場所をいかに大事にするかだと思っています。棒に振るのか、宝にするのかは自分たち次第だと思いますので、この1年間、全力で走り抜けたいと思います!

――本作に出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

 僕はずっとプロを目指してサッカーに打ち込んできたのですが、それをあきらめてこのお仕事をはじめました。最初は何もわからなかったのですが、「これから俳優として頑張っていきたい」と心に決めたとき、いちばん最初に立てた目標が“ヒーローになること”でした。それをつかみとることができた瞬間だったので、人間ってうれしすぎたり感動しすぎたりすると、アタマが真っ白になって膝から崩れ落ちるんだな…と実感しました。ガッツポーズしたつもりはなかったんですけど、うれしすぎて手が勝手にガッツポーズしていましたね。自宅に帰っても余韻にひたりすぎて、3日間ぐらい企画書とか台本とかをずっと眺めていました。

(猿原真一/サルブラザー役 別府由来のオーディション合格発表にも居合わせて…) 僕は先にドッキリを仕掛けられていたので、由来のときはドッキリだと知っていたんです。だからもう、楽しくて楽しくて仕方がなかったです(笑)。

――撮影現場の雰囲気や印象的なエピソードをお聞かせください。

顔合わせをした段階で、今回のスーパー戦隊について「今までのシリーズを見て真似しようとか、ヒーローっぽいことをしようとか、そういうことは一切なくていい」「革新的な作品にしたい」とスタッフの皆さんがおっしゃっていました。確かにそのとおりで、脚本を見ると、本当に僕たち5人で揃うシーンがないんです! 僕たちはおしゃべりなのでいろいろ話したいのですが、まだそんなにエピソードがなくて、さっきまでみんなでどうしようかと話していました(笑)。でも撮影は本当に楽しくて、お芝居をたたき直してもらえるのはありがたいですし、頑張らなくちゃ!と、みんな気合いが入っています。

◆サルブラザー/猿原真一役:別府由来

 猿原はとても頭が良く、博学。近隣の方からは「教授」と呼ばれており、みんなの相談相手…なのですが、とても変人。クセのあるキャラクターですので、その“クセ”を皆さんに楽しんでいただけたらと思います。

――本作に出演が決まった時のお気持ちと、最初に報告した人を教えてください。

 最初に聞いたときは頭が真っ白になりました。その時は(樋口)幸平と同じ空間にいたのですが、自然と手を出してハイタッチして、抱き合っちゃいました! 実はその日、最終のオーディションがあるって言われて呼ばれていたんです。その場に行ったら幸平がいたので、「うわー、最後は一騎打ちなのか」って思っていたら、「ブルーに決定です」って言われて、「あぁ本当にこういうドッキリってあるんだ」って…(笑)。

――撮影現場の雰囲気や印象的なエピソードをお聞かせください。

 この中だと、まだ(志田)こはくとしか現場で会えていないんです。なので、ほかのキャラクターとどう物語で関わっていくのか楽しみにしています。最初に台本をいただいたとき、自分の名前が載っていてすごくうれしかったんです。でも肩書きのところに「無職」って書かれていて、実はすごく微妙な気持ちになったんですよね(笑)。そしたら、次の台本では「無職(風流人)」に変わっていました。スタッフさんが気を使って付け加えてくださったのかな、と優しさを感じました。

◆オニシスター/鬼頭はるか役:志田こはく

 鬼頭はるか、そしてオニシスターを演じます。見てくださってる方に元気を与えられるカッコいいヒーローになれるよう、1年間暴れまくって頑張ります!

――本作に出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

 出演が決まった時は一番うれしいという気持ちと驚きでいっぱいだったんですけど、歴代のスーパー戦隊シリーズの皆さんからバトンを受け取ったということで、責任も感じました。その名に恥じないように精一杯演じたいと思います! 出演が決まったことは最初に母に伝えました。私がやりたいことをいつも応援してくれて、今回のオーディションを受けることになった時も一番応援してくれていたので、最初に伝えることができてよかったです。

――撮影現場の雰囲気や印象的なエピソードをお聞かせください。

 1〜2話は鬼頭はるかが物語を作っていく感じなんですけど、私自身は映像のお仕事が初めてで、お芝居の経験も本当に浅いので、クランクインの日はすごく緊張していて固まっていたんです。でも、田崎監督が「僕がOKを出した時は100点ってことだから、自信を持っていいんだよ」と言ってくださって、「なんてカッコいいんだろう!」って。もう惚れてしまいました。好きです!

◆イヌブラザー/犬塚翼役:柊太朗

 これまでの45作品に恥じぬよう、キャストやスタッフの皆さん、そして見てくださる皆さんと一緒に、新しいスーパー戦隊を作っていけたらなと思います。僕個人としても、「こんなブラックがいたんだ!」と思っていただけるような新しいヒーローに挑戦していきます!

――本作に出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

 最終オーディションから結果発表をもらうまでに1週間くらい空いたのですが、その間はもぬけの殻のように過ごしていました(笑)。なので、発表してもらった時にはうれしいというよりは、「あー、よかった…」という安心感の方が強かったです。僕は家族全員を集めてテレビ電話で報告したんですけど、みんな「よかったね!」って言ってくれて、やっと親孝行ができたなと思いました。

――撮影現場の雰囲気や印象的なエピソードをお聞かせください。

 まだみんなと会わないことが多いので、会った時のうれしさがすごいんですよ。クランクインした時はみんな一緒だったのですが、掛け合いではなかったんです。「アクションをするよ」と言われて、そのままいつのまにか終わってしまいました(笑)。

◆キジブラザー/雉野つよし役:鈴木浩文

 僕たちが46作品目のヒーローです! みんなで力を合わせて、過去の先輩ヒーローたちの顔に泥を塗らないように、また、47作品目の後輩ヒーローのためにも、希望を与えられるようなスーパー戦隊にしていきたいと思います。

――本作に出演が決まった時のお気持ちと、最初に報告した人を教えてください。

 僕は今年34歳になります。こはくちゃんとは16歳差、(樋口)幸平とかとも干支がひと回りくらい違うんですよね。出演が決まった時は、うれしさよりも、これまでお世話になった人にようやく恩返しできるきっかけをつかんだのかもな、という気持ちでした。僕は一度、普通の社会人として働いていたのですが、塾に行かせてもらって大学に行き、銀行にも入ったのに、それを辞めて芸能の道に行くと決めたんです。「ふみの好きな人生にしたらいいよ」と送り出してくれた両親に恩を返したい気持ちもありましたし、出世払いでいいからとご飯をごちそうしてくれた友だちや、段ボールいっぱいの物資と「頑張れよ!」って手紙を送ってくれたりした地元の人たち…ようやくそういった人たちにちょっとでも恩を返せるきっかけになったのかなと思って、うれしかったです。

――撮影現場の雰囲気や印象的なエピソードをお聞かせください。

 ずっと会社員をやっていて、ようやくスーツを脱いでお仕事ができると思ったら、またスーツを着ることになりまして…ずーっとスーツを着ている人間です(笑)。自分ではあまり似合わないんじゃないかと思っていたんですが、みんなが「似合ってる」と言ってくれてうれしいです。

◆ゼンカイザーブラック/五色田介人役:駒木根葵汰

 引き続き、五色田介人として出演させていただくことになりました。同姓同名なのかな? 双子なのかな?…と、どんな役を演じるのか、どんな風に出演していくのか、実は僕もまだわかっていません(笑)! 何をしていけばいいのかわからない子猫ちゃん状態なので、皆さん優しくしてくれたらうれしいです(笑)。

◆桃井陣役:和田聰宏

 スーパー戦隊シリーズは約半世紀続いている人気作品です。たくさんのファンの方がいらっしゃると思いますが、その皆さんの期待をいい意味で裏切って、面白いものを見せていけたらなと、ドンペリーズのみんなと…(「ドンブラザーズです!」とツッコまれ…)みんなで酔っちゃいましょう、頑張ります!(笑)

 撮影では、まだほかの人と関わっていないんですが、これからいろんな展開があるんじゃないかと想像しています。ドンブラザーズの皆さんの成長も作品の中から見ることができますし、俳優としての彼らの姿も見届けられる1年になるのかなと楽しみです。

<脳人(のうと)>
◆ソノイ役:富永勇也

 このカンパニーの一員として、この瞬間、この場に立てていることをとてもうれしく思います。1年間全力で頑張ってまいります。出演が決まった時はシンプルにうれしかったですね。僕は小さい頃、幼稚園がすごく嫌いで…。でも、スーパー戦隊シリーズのレッドが本っ当に大好きだったんですよ。そんなこともあって、いつもは母に「勇也、幼稚園に行くよ」と言われても「やだ、行かない」と言ってたんですけど、赤の洋服を着させてもらった途端に「行く!」と(笑)。このエピソードはオーディションでも話させていただいたんですけど、それくらい赤が大好きだったんです。今回は敵側の役ではありますけど、そんなスーパー戦隊シリーズに出ることができて、本当にうれしい思いでいっぱいです。

 “脳人”が人間とはまたちょっと違った種族だということは、僕たちも把握してるんです。でも、“脳人”が何を目的としていて、世界をどうしたいのか…そのあたりはまだ僕たちもちょっとわかってない部分が多いんですよ。これから解き明かされていくと思うので、ぜひそこも楽しみにしていただきたいです。

◆ソノニ役:宮崎あみさ

 出演が決まった時はすごくうれしかったです。でも実は私、ヒロインのオーディションを受けていたんです。マネージャーさんから「ヒロイン、落ちてしまいました」と報告を受けて、「落ちちゃったか…」と残念に思っていたら、「でも悪役のヒロイン、受かりました」と言われました(笑)。「え、悪役もあるの?」とびっくりしたんですけど、歴代の悪役のヒロインさんたちを見て、誇りに思っています! 1年間を通して、皆さんにいっぱい愛されるソノニになって、「ドンブラザーズ」を盛り上げていけたらと思います。

◆ソノザ役:タカハシシンノスケ

 ソノザ役のタカハシシンノスケです。1年間、どうぞよろしくお願いします。敵の脳人として、ドンブリーズ…いや、ドンブラザーズたちと(笑)、存分に敵対していこうと思います!

 僕はすごくスーパー戦隊シリーズが好きで、『超力戦隊オーレンジャー』から始まって、『激走戦隊カーレンジャー』もよく見ていました。なので、出演が決まった時はすごくうれしかったです。さらに、白倉伸一郎さんがプロデューサーで、田崎竜太さんが監督で、脚本が井上敏樹大先生! ファンの皆さんならわかると思うんですけど、これを聞いただけでただごとではないお話になるだろうという予感がプンプンしています。そのうえ、これだけ個性的なキャストも揃いましたので、僕もいちファンとしてこの先が楽しみです。

◆主題歌アーティスト:MORISAKI WIN

 今日、この場に立っていられることを本当に幸せに思います。どうか1年間、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』をよろしくお願いいたします。キャストの皆さんのダンス、めちゃくちゃいいっすね! 最高でした! 僕もフリを覚えましたので、皆さんもぜひ、テレビを見ながら一緒にやっていただきたいなと思います。

 楽曲の聴きどころは語り出したら止まらなくなってしまうので、きょうは1ヵ所だけお伝えします(笑)。イントロでさっそくタイトルを叫んでいますので、曲がはじまった瞬間、みんなで一緒にテレビを見ながら「ドンドンドンブラザーズ♪」と歌い出していただけたらなと思います。「ドンドンドンドン…」というところも歩きながら踊っていただければと思います!

関連記事(外部サイト)