『妻、小学生になる。』第4話 圭介は万理華の母に会うため、小学校の球技大会へ

『妻、小学生になる。』第4話 圭介は万理華の母に会うため、小学校の球技大会へ

ドラマ『妻、小学生になる。』第4話より(C)TBS

俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が今夜11日に放送される。

■第4話あらすじ

 圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)は、貴恵(石田ゆり子)の生まれ変わりである万理華(毎田暖乃)の母親・千嘉(吉田羊)と偶然会ってしまう。想像と違い、圭介たちは「娘」としての万理華の家族のことが気にかかる。

 翌日、圭介は万理華の小学校で球技大会があることを知る。千嘉も応援に行くに違いないと考えた圭介は、彼女と一度ゆっくり話をしようと自分も球技大会へ行くことに。「お弁当友達」である守屋(森田望智)に弁当作りを手伝ってもらう約束をする。

 一方、万理華は同級生のヒマリ(飯田晴音)から漫画の交換ノートをしていたことを知るも、“以前の”万理華のように漫画が描けなくなっていることに気づき、弟の友利(神木隆之介)に相談する。

 そして、球技大会当日。突然やって来た圭介と麻衣に驚きながらもうれしそうな万理華。しかし、圭介が待っていた千嘉の姿は…。

 ドラマ『妻、小学生になる。』はTBS系にて毎週金曜22時放送。

関連記事(外部サイト)