鈴木亜美、40歳に 駆け抜けた10代、ずっと悩んだ20代、30代で親になり気持ちに余裕

鈴木亜美、40歳に 駆け抜けた10代、ずっと悩んだ20代、30代で親になり気持ちに余裕

鈴木亜美 クランクイン! 写真:松林満美

1998年に「love the island」で鮮烈なデビューを飾った鈴木亜美。近年は“激辛女王”としてバラエティー番組でも活躍を見せる彼女が、9日に40歳の誕生日を迎えた。それを記念したバースデーライブを目前に控える鈴木に、11年ぶりの単独ライブへの思いや40歳を迎える心境を聞いた。

体は40歳だけど気持ちは10代で、ちょっと時間を戻すようなライブに

 オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)をきっかけにデビューし、「あみーゴ」の愛称で数々のヒット曲を世に送り出してきた鈴木。デビューから23年、40歳を迎える彼女の11年ぶりとなる単独ライブ「Ami Suzuki Birthday Live “超激辛40倍”」は、デビュー曲「love the island」はもちろんのこと、「white key」「alone in my room」「BE TOGETHER」など往年の名曲に加え、最新楽曲でYouTube限定配信曲だった「Drip」も披露予定など、長年見守ってきてくれたファンへ感謝の気持ちを届けるセットリストとなる。

――11年ぶりのライブ開催になるんですね!

鈴木:20歳の頃はずっとバースデーライブをやっていて、30代になって自分の中でもライブは難しいかなという気持ちもあったんですけど、“40歳だし、節目だし、久々にやってみない?”とスタッフから話をもらって、“そうだね、やってみようか!”っていう気持ちになりました。

以前やっていたバースデーライブは、1年1年どういう風に見せていけるかっていうことが自分の中で難しい課題でもありました。今回は久しぶりということもあり、今私ができることを通して、ずっと応援してくれているファンの皆さんに感謝を伝えられる時間になったらいいなって思っています。

――ライブ開催を発表されて、ファンの皆さんの反応はどうでしたか?

鈴木:ファンの皆さんには喜んでもらえています。逆に自分たちも体力つけないと!みたいな声もあって(笑)。共に年を取ってきているので、お互いにちょっとソワソワしている感じですね(笑)。

――どんな曲を歌ってくれるんだろうと今から楽しみです。

鈴木:衣装やセットリストも自分でいろいろ考えていますし、みんなが好きでいてくれている曲を中心にやっていきたいなと思っています。

みんなに出会えたデビュー曲「love the island」はずっと大事な曲で、初めてオリコンで1位を取れた「BE TOGETHER」も大事な曲。「Delightful」もエイベックスへの移籍第1弾で大事な曲ですし…。私にとって節目というか、そういうタイミングには大切な曲が多いんですよね。いろんな出来事があったので、挙げられる曲が多くて…。

ファンの皆さんにも、昔のアルバムの曲や、メインのシングルではない曲とか、それぞれ思い出の曲があって、全部歌えないのが申し訳ないなって思いながらも、ちゃんと気持ちを込めて届けたいと思います。

私にとっても、昔のことを思い出したり、その時の自分がよみがえったりする時間になるので、体は40歳だけど気持ちは10代でいたいなって思ってます。青春を振り返って懐かしいって思いながら、ちょっと時間を戻すようなライブにしたいですね。

――「Deligtful」のダンスも…。

鈴木;…頑張って踊ります!(笑) 筋トレを中心に体力づくりを頑張っていて、昔は毎日寝る寸前までジムに通って鍛えていたんですけど、それがまたよみがえってきている感じです。体鍛えるのって楽しいなって。

ファンの皆さんも、どんなライブになるかドキドキしていると思うんですけど、私自身、しっかりと鍛えて磨き上げて、全然変わらないなって姿をどうにかお見せできるようにしたいなと思いますので、皆さんと一緒に楽しみたいなって思っています。

駆け抜けた10代、ずっと悩んだ20代、充実していた大事な30代


――40歳を迎えられるということで、デビューの時から見ている身としては驚きなんですが、ご自身でこれまでを振り返ると、それぞれどんな時代でしたか?

鈴木;ん〜、そうですね…。10代はとにかく駆け抜けたっていうか、自分の意志とかじゃなく、やれることをもうやりまくろう!みたいな年代でしたね。学生でもあったし、その時しかない青春というか、仕事も全部楽しもうと思っていました。

20代は自分の中でも悩むことがいっぱいあった時代でした。どんどん大人になっていくにつれて、自分のやりたいことと、でもできないこととっていう葛藤があったりして。とにかくずっと悩んでいたな。でもずっといい環境にいさせてもらえて、エイベックスにも移籍しましたし、新しい自分というのを出していくきっかけとなった年代でした。20代はいろんなことを大事に大事に真剣に悩みながらやっていましたね。

それが30代になると一気に殻が全部破けたような感じで(笑)。解放感と、ようやく自分の自由というか、いろんなことを考えすぎずにやればいいんだっていう楽しさを一番重視した年代でした。煮詰まったり悩んだりするといいものはできないなと感じて、仕事もちょっと離れてしまうかもしれないけど、自分のことも大事にしようとちょっとずつ思いましたね。そんな中で結婚して子どもも2人生まれて、プライベートがものすごく充実していた大事な30代でした。

――ご出産を経験されたことはやはり大きかったですか?

鈴木:そうですね。考え方がものすごく変わりました。YouTubeを始めたのも、子どもがYouTubeを好きでずっと見ていて、“あ、もうこういう時代なんだ”って子どもから教えてもらった感じです。プライベートや素の顔っていうのを、昔はなるべく見せずに素を隠して演じてやっていたものが、今はもうどれだけ素でやって受け入れてもらうかという時代になったので、そこを試すチャンスだなって。やっぱり子どもがいるので、なるべく素のままの私を見てもらいたいなっていう気持ちが大きくなって、YouTubeとかでは素のまま楽しんでやれたらなって思っていますね。

――“激辛女王”としてバラエティー番組でも大活躍ですが、ファンの皆さんからの反応はいかがですか?

鈴木:どうですかね、いろいろあると思います。20何年やってるので、ファンの皆さんもそれぞれ思うところもあると思いますし。でも、そういうのも全部しっかりと受け止めて、今のこの時代に合ったことをやりたいなって思ってます。

――テレビに映るお母さんへ、お子さんからのリアクションはありますか?

鈴木:長男は「鈴木のあみちゃんだ!」って(笑)。結婚して本名は変わったので、子どもにしてみたら「鈴木ってなに?」みたいな感じのようです。いつもママかわいいって言ってくれるので、それだけで、もっと頑張ろうって思います(笑)。

――お子さんが生まれて、お仕事へのスタンスも変わりましたか?

鈴木:前はオンとオフがすごくはっきりしていたんですけど、やっぱり子どもが生まれると頭の中、60〜80%子どものことでいっぱいで、それが頭の中にありながら仕事をしなければいけないという状況なので…。オンオフしている暇がないという状態なので、なるべく素のままの私でちゃんと仕事もこなせる形が今は一番ベストなのかなって思ってます。

――ステージ以外にも、ドラマ、バラエティー、YouTubeとどんな活動も楽しんでやられている姿が印象的です。

鈴木:今一番気持ち的にも楽というか、すごく落ち着いて楽しんでやれてますね。親になったことで、気持ち的にも余裕ができたっていうか…。今までずっと仕事一本でがむしゃらにやってきたのが、ちょっとふり幅ができたおかげで、リラックスできる場所ができて、頑張ろうって思える気持ちができたというか。ずっと子育てだけだとそれはそれでストレスになりそうだし、ちょっと仕事に行ってきれいにしてもらったりすると、はぁーって、デビュー当時みたいな気持ちになったり。そういうのがあるので、今はすごくいいバランスで仕事と家庭と両立できているなって感じています。

――40代を迎えられますが、どんな40代を過ごしたいという目標はありますか?

鈴木:子どももどんどん大きくなって、小学生になったりしたら外に遊びに行って“ママ”ともそんなに呼んでくれなくなっちゃうんだろうなって思うので、私自身は仕事でもしっかり自分の居場所を見つけたいなって。40代は今までとは違う感覚で、また仕事を築き上げたいなって思ってます。

お母さんとしても、いつまでも面白いお母さんでいたいかな(笑)。

――今回のライブはお子さんも楽しんでくれるんじゃないですか?

鈴木:そんな何分も持たないです。すぐに飽きちゃってYouTube見たいとか言い出すんじゃないかな。きっと来てくれないと思うので、ママはママで頑張ります(笑)。(取材・文:編集部 写真:松林満美)

 「Ami Suzuki Birthday Live “超激辛40倍”」は、東京・池袋harevutaiにて2月26日14時30分、18時開演(昼夜2回公演)。

関連記事(外部サイト)