オスカー・アイザック主演『ムーンナイト』、US版キービジュアル&場面写真解禁

オスカー・アイザック主演『ムーンナイト』、US版キービジュアル&場面写真解禁

ドラマ『ムーンナイト』US版キービジュアル(C)2022 Marvel

俳優オスカー・アイザックが主演し、3月30日配信開始となるマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』(ディズニープラス)より、US版キービジュアルと場面写真が全世界解禁された。

 本作は、マーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズで初めて、ダーク・ヒーローを主人公に据えた作品。

 主人公は国立博物館のギフトショップで働く“穏やかな性格”の男スティーヴン・グラント。平凡な日々を送る彼はある悩みを抱えていた。それは、時に記憶が飛び、時にスティーヴンの身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶が蘇るという幻覚。自分はいったい誰なのか? 何に怯えているのか?――頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。コントロールできないその人格を受け入れたとき、“暴力と残虐性に満ちた人格”のマーク・スペクターが現れ、白スーツに身を包んだダーク・ヒーロー<ムーンナイト>が誕生する。

 ムーンナイト役は、「スター・ウォーズ」シリーズのポー・ダメロン役をはじめ、『X-MEN:アポカリプス』でアポカリプス役などを務めたオスカー・アイザック。ムーンナイトに立ちはだかるアーサー・ハロー役には、イーサン・ホーク。監督は、カンヌ映画祭への選出歴を持つ、エジプト出身の新進気鋭監督モハメド・ディアプ、インディペンデント系ホラー映画を手掛けてきたジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドのコンビが務める。

 今回、ダーク・ヒーロー<ムーンナイト>の謎に満ちたその姿を捉えたキービジュアルが全世界で解禁された。ダークな黒一色を背に、顔左側にスティーヴン・グラント、そして右側には未だ謎に包まれているムーンナイトの2つの顔が描かれ、混在する複数の人格を見て取れる。また、解禁された場面写真ではまわりに人が倒れ、戦いの後をうかがわせるムーンナイトと神妙な面持ちで電話を受けるスティーヴンを捉えている。

 オスカーが「“私たち”はムーンナイトだ」とコメントを残す通り、複数の人格を持つ主人公の苦悩と葛藤を、ドラマチックかつミステリアスに描く本作。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と世界観を共有しながらも、独自のトーンで新たな世界を見せる。

 オリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』は、ディズニープラスにて3月30日16時より日米同時配信開始。

関連記事(外部サイト)