内村光良、娘が長澤まさみにハマる「わが家は毎日長澤まさみ祭り」

内村光良、娘が長澤まさみにハマる「わが家は毎日長澤まさみ祭り」

映画『SING/シング:ネクストステージ』の日本語吹き替え版キャスト報告会に出席した長澤まさみ、内村光良 クランクイン!

内村光良が14日、映画『SING/シング:ネクストステージ』の日本語吹き替え版キャスト報告会に長澤まさみ、斎藤司(トレンディエンジェル)、大地真央、ジェシー(SixTONES)、アイナ・ジ・エンド、akaneと共に出席。内村が家で「長澤まさみ祭り」が繰り広げられていることを明かした。

 本作は、自らの未来を変えるために、歌のオーディションに向かって奔走する動物たちの姿を描いたアニメーション映画『SING/シング』の5年後を描く最新作。新たな仲間も加わり、ゴージャスにスケールアップした彼らが新たなステージへと踏み出す。

 前回からの続投となる内村は「映画でシリーズ化って自分はあまりないものですから、誰も変わらずにキャストがまたそろったことがうれしくて」と笑顔。作品については「本当に素晴らしい作品になっていますので、たくさんの方に観ていただきたいです」とアピールした。同じく続投となる長澤も「アッシュが私の一部になっているような感じです」とほほ笑んだ。
 
 また、前作から5年ということで、この5年での自分の成長や変わった出来事を聞かれると、内村は「最近、娘が非常に長澤さんにハマってまして」と明かし「『ドラゴン桜』を全部見まして、その後に(長澤が)生徒時代の『ドラゴン桜』、そして今『コンフィデンスマンJP』を第1話から見てます。わが家は毎日長澤まさみ祭りなんですよ。一家で見ております」と告白。娘には本日の会見を自慢してきたそうで「うらやましがってました」と明かした。

 作品の内容にちなみ、挑戦したことを長澤は「新しいキャラクターのクレイ・キャロウェイとデュエットするのですが、かなりの挑戦でしたね」と回答。難しい曲が多かったといい「全部曲調が違って、本当に苦戦したんですけど、チャレンジしてよかったな、と思います」と語った。

 映画『SING/シング:ネクストステージ』は3月18日より全国公開。

関連記事(外部サイト)