『ドクターホワイト』第5話 “白夜”浜辺美波が最新のAI診断システムと対決

『ドクターホワイト』第5話 “白夜”浜辺美波が最新のAI診断システムと対決

ドラマ『ドクターホワイト』第5話より(C)カンテレ

女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の第5話が今夜14日に放送される。

■第5話あらすじ

 グラビアモデルの日比谷カンナ(水崎綾女)が、撮影中に突如錯乱状態におちいり失神。高森総合病院に運ばれてくる。協力要請を受けたCDTは早速、不可解な症状を解明しようと診断協議を始めるが、その矢先に真壁(小手伸也)からチームの解散を宣告されてしまう。

 真壁は病院の経営を立て直す名目で、JMAと呼ばれる医療分野に特化した経営コンサルタントを招へい。彼らが開発した最新のAI診断システムを活用して“総合診断科”を新設してCDTを排除しようと考えたのだ。

 AIの診断能力に目を輝かせる白夜(浜辺)に対し、仙道(高橋努)と麻里亜(瀧本美織)はシステマチックな診断に断固反対。すると真壁は、CDTとJMAの診断対決を提案し、両チームがそれぞれカンナを診断することになる。

 しばらくすると、カンナの仕事上のある秘密が明らかになり、そのことから、CDTとJMAはどちらもある病名を診断をするが、納得がいかない白夜が驚きの結論を導き出す。

 一方、勇気(毎熊克哉)が横領の容疑で指名手配されたことで、将貴(柄本佑)は白夜を連れ戻すために、何か大きな力が働いているのではないかと疑念を抱く。さらに、白夜の携帯電話の通話履歴から、ある番号を見つける。

 ドラマ『ドクターホワイト』はカンテレ・フジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

関連記事(外部サイト)