みちょぱ、14歳で渋谷でギャルサー「美舞羽凛」結成 “総代表”を務めた過去を告白

みちょぱ、14歳で渋谷でギャルサー「美舞羽凛」結成 “総代表”を務めた過去を告白

みちょぱ(池田美優) クランクイン!

みちょぱことタレントの池田美優が23日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)に出演。14歳の時に渋谷でギャルサーを結成した過去を告白した。

 この日の番組では、「渋谷女vs原宿女」の企画で、それぞの街に精通したタレントがスタジオに集合した。

 番組でみちょぱは、小学5年生の時にギャルに目覚め、14歳で渋谷でギャルサー「美舞羽凛(ひまわり)」の総代表となったことが紹介された。みちょぱは「(ギャルサーを)作りました。中3の女子限定のサークルを作りたいと思って、15人くらい集めて」と説明した。

 さらにギャルのアイテムとして欠かせないものを聞かれると、「ゼブラ柄のベッドシーツとか。絶対、ドンキで買うんですよ」と回答。また当時を、「ちょっとだらしないギャルが多かった。ファッションっていうよりは、ちょっとヤンキーっぽいのが多かったので、クロックスとかすごいはいてた。制服にルーズソックス、それにクロックス」と振り返った。

関連記事(外部サイト)