『真犯人フラグ』第18話 ある人物が逮捕される 突然姿を消す仲間とは

『真犯人フラグ』第18話 ある人物が逮捕される 突然姿を消す仲間とは

ドラマ『真犯人フラグ』第18話より(C)日本テレビ

俳優の西島秀俊が主演するドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第18話が2月27日に放送。ある人物が真相を語り、逮捕される。

■第18話あらすじ

 瑞穂(芳根京子)から、姉が殺された過去があると知らされた凌介(西島秀俊)。瑞穂は凌介に協力していた訳を話す。

 一方、篤斗(小林優仁)の病室に大きな段ボールを運んできた鼓太朗(坂東龍汰)。危険を察知した篤斗がナースコールを押そうとすると、その手を強く握って止め、箱を開ける。はたして中身は…!?

 また、SNSで一星(佐野勇斗)と陽香(生駒里奈)の高校時代の写真が拡散され、一星へのバッシングが高まる。光莉(原菜乃華)がいくら連絡しても、一星は音信不通。不安になった光莉は、すみれ(須藤理彩)の定食屋を訪ねるが、一星はちょうど出て行ったばかりだった。すみれは光莉に、一星から託された封筒を渡す。中身は凌介が書庫にしているトランクルームの鍵。それは、光莉がある目的で一星に取ってきてほしいと頼んだものだった。

 一方、団地の物陰には、相良家をじっと見つめる強羅(上島竜兵)の姿が。そこに現れた河村(田中哲司)は、強羅をけん制すると金を渡し、ある人物の調査を依頼する。

 真帆(宮沢りえ)を捜す手がかりを見つけようとホームビデオを見返すと、凌介も忘れていたバタコ(香里奈)と真帆の思いがけない関係が浮かび上がる。ついに、バタコが篤斗を誘拐した理由が明らかに。さらに、ある人物が真相を語り、逮捕される。そして突然、姿を消す仲間とは。

 ドラマ『真犯人フラグ』は日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。

※記事初出時、本文一部に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

関連記事(外部サイト)