【映画ランキング】『劇場版 呪術廻戦 0』6週連続首位、興収121億円突破 『ナイル殺人事件』は初登場3位

【映画ランキング】『劇場版 呪術廻戦 0』6週連続首位、興収121億円突破 『ナイル殺人事件』は初登場3位

2月26日〜27日の全国映画動員ランキング1位:『劇場版 呪術廻戦 0』(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

2月26〜27日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版 呪術廻戦 0』が週末土日動員12万1000人、興収1億8400万円をあげ、6週連続首位を達成した。累計では動員866万人、興収121億円を突破し、歴代興収ランキングでは24位につけている。

 2月26〜27日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版 呪術廻戦 0』が週末土日動員12万1000人、興収1億8400万円をあげ、6週連続首位を達成した。累計では動員866万人、興収121億円を突破し、歴代興収ランキングでは24位につけている。

 2位も先週同様、『愛国女子―紅武士道』が同順位をキープ。3位は、アガサ・クリスティの「ナイルに死す」を、ケネス・ブラナーの製作・監督・主演で再映画化した『ナイル殺人事件』が、初週土日動員8万9000人、興収1億2400万円をあげ初登場。

 4位は先週同様『牛首村』が、5位には公開7週目を迎えた『コンフィデンスマンJP 英雄編』がそれぞれランクイン。『コンフィデンスマンJP 英雄編』は、累計で動員185万人、興収25億円を突破した。

 6位には先週3位スタートを切った『アンチャーテッド』が3ランクダウン。7位には公開3週目の『ウエスト・サイド・ストーリー』、8位には公開8週目の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がランクイン。『スパイダーマン〜』は累計動員268万人、興収40億円を突破した。

 そのほか、ウィル・スミスが製作・主演を務め、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹をテニス世界チャンピオンに育て上げた父親の実話を実写映画化した『ドリームプラン』が9位に初登場。第94回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、助演女優賞など6部門にノミネートされており、結果次第では数字を伸ばしそうだ。

 2月26日〜27日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『劇場版 呪術廻戦 0』
第2位:『愛国女子―紅武士道』
第3位:『ナイル殺人事件』
第4位:『牛首村』
第5位:『コンフィデンスマンJP 英雄編』
第6位:『アンチャーテッド』
第7位:『ウエスト・サイド・ストーリー』
第8位:『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
第9位:『ドリームプラン』
第10位:『ドライブ・マイ・カー』

関連記事(外部サイト)