スパイダーマンとは似て非なる『モービウス』最新予告&新場面カット解禁

スパイダーマンとは似て非なる『モービウス』最新予告&新場面カット解禁

映画『モービウス』場面写真(C)2022 CTMG.(C)& TM 2022 MARVEL.All Rights Reserved.

俳優ジャレッド・レトが主演する映画『モービウス』より、スパイダーマンとは似て非なるモービウスのキャラクターと能力を垣間見ることのできる最新予告映像が世界一斉解禁。さらに場面写真4点も新たに公開された。

 ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクターズ(Sony Pictures Universe of Marvel Characters)として登場した新キャラクター、モービウスを描く本作。マーベル・コミックでスパイダーマンの宿敵として描かれるモービウスを、徹底した役作りで知られるアカデミー賞受賞俳優のジャレッド・レトが演じる。

 天才医師マイケル・モービウスは、幼い頃から血液の難病を患っていた。1日も早く治療法を見つけ出したいという強い思いから、彼は実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった。彼の身体は激変。全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にする。しかしその代償は、抑えきれない<血への渇望>だった―。

 舞台はスパイダーマンと同じくNY。コウモリの血清を体内に取り入れ覚醒したモービウスと、クモにかまれ覚醒したスパイダーマン。今回の予告映像では、モービウスが地下鉄を超高速飛行したり、バットレーダーで周囲の危機を瞬時に感知したりと、その能力は似ているが、<ヒーロー>と<ヴィラン>という対局の存在であるがゆえに、似て非なるキャラクターを垣間見ることができる。

 さらに『スパイダーマン:ホームカミング』に登場したヴィラン、バルチャー(マイケル・キートン)が再び登場し、「モービウス先生、あなたは特種なんだ。過去の理性は捨てろ、現在の本能に従え」と意味深なせりふを放つシーンも。原作コミックではスパイダーマンの宿敵とされるモービウス。スパイダーマンとのつながりが本作では描かれているのか、注目が集まる。

 映画『モービウス』は、4月1日より日米同時公開。

関連記事(外部サイト)