「BTTF」「スター・ウォーズ」MCUへのオマージュ満載! ライアン・レイノルズ主演『アダム&アダム』予告編

「BTTF」「スター・ウォーズ」MCUへのオマージュ満載! ライアン・レイノルズ主演『アダム&アダム』予告編

Netflix『アダム&アダム』メインビジュアル

ライアン・レイノルズが主演を務め、ショーン・レヴィ監督とタッグを組むNetflix映画『アダム&アダム』より、『スター・ウォーズ』シリ−ズなどを彷彿とさせるアクション満載の本予告とキービジュアルが解禁された。

 『デッドプール』のライアン・レイノルズと、「ナイトミュージアム」シリーズや『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のショーン・レヴィ監督が、『フリー・ガイ』に続きタッグを組んだ本作。2050年の世界からタイムトラベルで過去へ向かった戦闘機パイロットのアダム(ライアン)が、12歳のアダム自身と出会い、世界を救うために奮闘するタイムトラベル・アドベンチャーだ。

 科学技術が発達した2050年―。戦闘機パイロットのアダム・リードは、あることをキッカケに<タイムトラベル技術の発明を阻止し、未来の世界を救う>という超重大ミッションに挑むことに。成功のカギを握る“2018年”に向かおうとしたアダムだったが、まさかのアクシデントに見舞われ、“2022年”の世界に不時着してしまう。そこで出会ったのは、いじめられっ子だけど生意気さ真っ盛りな12歳の自分自身だった。子どもの自分から怪しまれつつも、“アダム&アダム”は力を合わせ、ある強大な悪の存在と対峙していくことに。

 今回解禁された本予告は、2人のアダムが、アダムの妻ローラ(ゾーイ・サルダナ)とともに、謎の敵からの容赦ない追跡に遭う場面から始まる。SF感満載な戦闘機をはじめ、物体を通り抜けるスーツや超小型爆弾、ショットガンなど様々な未来的ガジェットが多数登場していく。

 さらに、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)入りも示唆されている“デッドプール”役でもおなじみのライアンが、「多元宇宙(マルチバース)なんてない。映画の見すぎだな」とMCUを強烈にイジる場面や、『スター・ウォーズ』でのルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーの対決シーンを思わせるアクションなど、数々の名作映画を想起させるシーンもふんだんに散りばめられている。

 そして、最初はかみ合わない2人のアダムも、冒険を通じて次第に不思議な絆で結ばれていく。さらに大人のアダムが「どうして賢いの?」と12歳のアダムに問いかけると、「どうしてバカなの?」と強烈な返しを食らうなど、コミカルなやりとりも披露している。果たして彼らは、この不思議なタイムトラベルの末に世界を救うことができるのか。

 本作は、アダムが昔亡くなった父(マーク・ラファロ)が生きている時代に戻り再会するという“親子の物語”でもある。ライアンは「コメディと気楽さを織り交ぜた不思議な感覚がありながら、心の奥まで響いてくる感動に満ちている。アクションとアドベンチャーという素晴らしい要素もあるんだ。そして、本作のように自分自身の人生を深く反映した映画は、個人的にはあまりないよ」と作品をアピール。レヴィ監督も「とてもノスタルジックで、“映画はこうあってほしい”と願う象徴のような作品。夢と冒険がいっぱいで、願いがかなうストーリー、そして笑えて心温まる作品だよ!」と内容に自信をのぞかせている。

 映画『アダム&アダム』は、3月11日よりNetflixにて独占配信開始。

関連記事(外部サイト)