かたせ梨乃、雙葉学園時代はモテモテ 祖母が「宝塚入れたくて」と明かす

かたせ梨乃、雙葉学園時代はモテモテ 祖母が「宝塚入れたくて」と明かす

かたせ梨乃 クランクイン!

女優のかたせ梨乃が2日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)に出演。“モテモテ”だった自身の学生時代を振り返った。

 この日は「華麗なる名門女子校SP」との企画で、番組にかたせが登場。都内の女子校・雙葉学園に通学していたかたせは当時、「モテモテだった」と紹介された。

 かたせは「お手紙が靴箱に入ってたりね。中学の時はバスケット部にちょっとだけいたので、そういう時はバレンタインの頃とか、靴箱にチョコレートとか(入ってた)。男の子がいないですからね」と懐かしそうに回想した。

 また幼い頃からショートカットだったと明かしたかたせ。さらに「母があんまりスカートをはかせてくれなかったものですから、よく男の子に間違われました」と説明。続けて「おばあちゃまが宝塚(歌劇団)に入れたくて、入れたくてしょうがなかったんですけど、その才能がなかったみたいです」とも話した。

関連記事(外部サイト)