別次元の新たなストレンジが登場『ドクター・ストレンジMoM』新映像&日本版ポスター

別次元の新たなストレンジが登場『ドクター・ストレンジMoM』新映像&日本版ポスター

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』日本版ポスター(C)Marvel Studios 2022

俳優ベネディクト・カンバーバッチが主演を務めるマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』より、新たな映像と日本版ポスタービジュアルが解禁された。

 最新映像は、最強の魔術師であるストレンジでさえも理解ができない謎に包まれた世界の扉が開かれ、「マルチバースとは何だ?」 と彼の問いかけから始まる。

 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でも描かれた“マルチバース”とは、無限の可能性が存在する無数のパラレルワールド。そこから巨大な怪物など別次元から新たな脅威たちが人類に襲いかかるなか、アベンジャーズに属し世界を度々救ってきたストレンジとは異なる、“凛々しいストレンジ”や“異形なストレンジ”など、見たことのないビジュアルのストレンジたちも多数登場する。

 さらに、手鎖をつけられたストレンジに向けられた「真実を教えよう」という謎の男の言葉が意味することも気になるところ。ストレンジに迫りくる大きな犠牲と覚悟とは―。

 主人公ドクター・ストレンジを演じるのは、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』で本年度アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、2月28日にハリウッドの殿堂入りを果たしたことも話題のベネディクト・カンバーバッチ。ストレンジの盟友の魔術師ウォン役のベネディクト・ウォン、ストレンジの元恋人で医師クリスティーン役のレイチェル・マクアダムス、かつての兄弟子モルド役のキウェテル・イジョフォーなど、前作のキャストも再集結する。

 さらに、マーベル・コミックの人気キャラクターであり、本作の大きな鍵を握る“アメリカ・チャベス”にふんするのは、新進気鋭の女優ソーチー・ゴメス。そして、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセンも出演する。監督は、「スパイダーマン」(02、04、07 )シリーズを手掛けたハリウッドの奇才サム・ライミ。

 映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、5月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)