TBS4月改編、『情報7days』新加入・三谷幸喜に「いい意味で安住アナを翻弄して」

TBS4月改編、『情報7days』新加入・三谷幸喜に「いい意味で安住アナを翻弄して」

TBS、2022年4月期番組改編を発表

「TBS 2022年4月期番組改編説明会」が9日、オンラインで開催され、編成局長の瀬戸口克陽氏、編成部長の福士洋通氏、編成部企画総括の福田健太郎氏、宇賀神メグアナウンサーが登壇。『情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜22時)にビートたけしの代わりに三谷幸喜が新加入することをはじめ、新番組の意図を説明した。

 『情報7daysニュースキャスター』は、これまで13年半番組に出演したたけしが卒業。新たに脚本家・演出家として活躍する三谷が加入し、総合司会を務める安住紳一郎アナウンサーとともにコンビを組む。瀬戸口氏はたけしに感謝し、「たけしさんが小説や映画など創作活動に時間をあてたく、生放送が負担になっていると本人から申し出があった」と卒業の理由を説明し、今後たけしの新たな番組は予定しているかと聞かれ、「現時点で予定はないが、タイミングがあえば」とコメント。

 また三谷の起用については、「いろんなことを自由に忖度なく、三谷さんの目線で話してほしいとオファーし、三谷さんも快く引き受けてくれた」と打ち明け、「期待しかない。脚本家の功績、独自の視点でどういうコメントをするのか楽しみです。いい意味で、時に安住アナウンサーを翻弄してほしい。2人の掛け合いが楽しみ」と期待を寄せた。

 バラエティ番組では、火曜19時にサンドウィッチマンMCの『サンドウィッチマンのどうぶつ園飼育員さんプレゼン合戦 ZOO‐1グランプリ』を編成。福田氏は「今までにない飼育員だからこそ撮れる動物の動画を放送します」とアピール。CBC制作のTBSゴールデン番組は28年ぶりになるが、「非常に期待してる。今後系列局のいい企画も出していきたい」と言い、サンドウィッチマンの魅力については「見ていてハラハラしない。おじさんたちの仲いい姿は面白い」とコメント。また、日曜は『週刊さんまとマツコ』が13時30分に枠移動、『バナナマンのせっかくグルメ!!』が18時30分から90分番組として編成される。

 ドラマは、二宮和也×多部未華子共演の日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜21時)、高橋一生×柴咲コウ共演の金曜ドラマ『インビジブル』(毎週金曜22時)、上野樹里×田中圭共演の火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(毎週火曜22時)がスタンバイ。また、深夜帯に新枠「ドラマストリーム」(毎週火曜24時58分)を設け、高橋ひかる×宮世琉弥による『村井の恋』が4月5日よりスタート。このドラマは30分枠となり放送前にサブスクで配信される手法をとるが、福士氏は「20〜30代の女性をターゲットにして、スパイスの効いたサブスクにも通用する作品にしたい」と意気込みを明かす。また、同枠以外にも深夜枠は強化されるとのことで、福田氏は「まだ発表はできてないですが、深夜枠から新たなコンテンツを生み出そうと考えています。若いクリエイターにも最大限チャンスを与えて未来のコンテンツを作っていきたい」と語った。

 さらに、TBSは4月からリアルタイム配信をスタートさせるが、福士氏は「大きな番組の作り方は変わらない。テレビ離れは進んでいるが、魅力的なコンテンツはリアルタイムでも見逃しでも見てもらえる。そういうコンテンツを作り、相互いったりきたりしてもらえたら」とコメントを寄せた。

関連記事(外部サイト)