“レジェンド”内村航平、現役最終戦前夜 白井健三ら仲間たちと写るショット

“レジェンド”内村航平、現役最終戦前夜 白井健三ら仲間たちと写るショット

最終戦前夜の内村航平 仲間たちと和気あいあいとした様子 ※「萱和磨」インスタグラム

2020年東京オリンピック競技大会・男子体操の銀・銅メダリスト・萱和磨が11日、自身のインスタグラムを更新し、明日最後の試合に出場する“体操界のレジェンド”内村航平を囲んだショットを公開している。

 オリンピック4大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、2020年東京)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)という足跡を残した“体操界のレジェンド”内村は、今年1月に現役引退を発表。12日開催の現役生活最後の大会『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』で現役生活に終止符を打つ

 萱は11日、「#ありがとう内村」のハッシュタグを添え、同大会に出場することを告知。「航平さんに今までの感謝を『演技』という形で恩返ししてきます!」と現在の心境を明かしている。写真には内村、萱のほか、すでに引退し、明日の大会に出場する白井健三氏の姿も見受けられる。

引用:「萱和磨」インスタグラム(@kazuma_kaya)

関連記事(外部サイト)