『妻、小学生になる。』第8話 切なすぎるラストに「涙が止まらない」(ネタバレあり)

『妻、小学生になる。』第8話 切なすぎるラストに「涙が止まらない」(ネタバレあり)

ドラマ『妻、小学生になる。』第8話より(C)TBS

俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第8話が11日に放送され、ラストシーンの切なすぎる展開に、ネット上には大きな反響が巻き起こった(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

 大みそかの夜、圭介(堤)と麻衣(蒔田彩珠)、千嘉(吉田羊)の前で万理華(毎田暖乃)は突然倒れて貴恵(石田ゆり子)としての記憶を失くし、そのまま一時的に意識も失ってしまう。しかし朝になると、万理華は貴恵として目を覚ます。この出来事を聞いた友利(神木隆之介)は、生まれ変わりの小説「君と再び」を書いている出雲(當真あみ)なら何かわかるかもしれないと考える。

 その後、圭介たちは出雲のサイン会に参加。出雲は圭介や万理華の話を聞き、自分が事故で亡くなった高校教師・吉原(水川かたまり・空気階段)であることを告白。そして出雲は自分が生まれ変わりではなく、吉原が出雲の体に“憑依”している状態であることを説明する。

 貴恵は自分が万理華の体に憑依していることを理解し、亡くなった直後や万理華の体に憑依した瞬間のことも思い出す。そんな貴恵はある日、圭介たちの目の前で万理華に体を返すと口にする。涙を流してすがる圭介や麻衣に向かって、貴恵は万理華の体を通して涙ながらに「私がいなくても、自分の力でしっかり生きるのよ」と語りかける。そして万理華(貴恵)は「信じてるから」と言い残し、気を失ってしまう。

 目覚めた万理華は貴恵としての記憶を失っていた。このシーンにネット上には「切なすぎる別れ…」「大事な人と二度もお別れはやっぱり辛いよな」「つら……しんどすぎる……」などの声や「涙が止まらない」「号泣だほんと」「めっちゃ泣いてる」といったコメントが相次いだ。また貴恵が自身の境遇を受け入れ、圭介たちの前から消えるという展開に、ネット上には「最終回の展開じゃん」「今日最終回?」「今日が最終回かと思っちゃった」などの投稿も寄せられていた。

関連記事(外部サイト)