窪田正孝『劇場版ラジエーションハウス』 新シーン満載の特報映像・場面カット解禁

窪田正孝『劇場版ラジエーションハウス』 新シーン満載の特報映像・場面カット解禁

『劇場版ラジエーションハウス』メインカット(C)2022 横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会

俳優の窪田正孝が主演する人気ドラマの映画版『劇場版ラジエーションハウス』より、新シーン満載の特報映像、場面カットが解禁された。

 2019年4月期にフジテレビ月曜21時枠で放送された連続ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』。集英社「グランドジャンプ」にて2015年から連載中の人気原作をドラマ化した本作は、診療放射線技師と放射線科医という「1枚の写真から見えない病を見つけ出すエキスパート」たちが織りなすヒューマンドラマだ。昨年2021年10月期には、シーズン1の2年後を描いたシーズン2『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』も放送された。

 劇場版でもドラマのキャスト陣が続投。主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織役の窪田正孝をはじめ、甘春杏役の本田翼、広瀬裕乃役の広瀬アリス、さらに山口紗弥加、遠藤憲一、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、鈴木伸之、八嶋智人、高嶋政宏、浅野和之、和久井映見とおなじみの面々が集結。さらに、山崎育三郎、若月佑美、原日出子、高橋克実、キムラ緑子ら、個性豊かな実力派俳優陣を迎える。

 主題歌は、ドラマシーズン1&2の主題歌も担当したMAN WITH A MISSIONが、今作のために「More Than Words」に書き下ろした。

 これまで解禁されてきた映像では、離島で謎の感染症に一人奮闘する杏と、離れた場所にいながらも、助けに向かおうとする唯織の姿が中心だったが、今回の最新映像では、「謎の病」のほかに、「テロ事件」「SIT」「衝突事故」「心臓カテーテル」「病院“史上最悪”の事件!?」などの気になるワードも…。唯織たちが働く甘春総合病院でもただならぬ事件が起こることを予感させる。

 「助けて〜!」とナイフを突き付けられ叫ぶ、浅野和之演じる鏑木先生。SITに包囲される中、刃物らしきものを振り回す遠藤憲一演じる小野寺技師長。「殺せるもんなら、殺してみなさいよ!」と物騒な言葉を吐き捨てる山口紗弥加演じるたまき。それを慌ててフォローする八嶋智人演じる田中…。そんなラジハおなじみ(?)のバタバタなシーンの一方、「私に任せて下さい!」と新人の頃とは別人のように成長し、頼もしい姿を見せる裕乃や、「医師をサポートして、病気の原因を見つけ出すのが、うちら技師の仕事だ!」という小野寺の熱のこもった言葉と共に、チームワークあふれる彼らの活躍がかいま見られる。

 そして謎の病に続き、病院史上最悪の立てこもり事件も勃発(!?)。果たして彼らは、人命救助のタイムリミット・72時間の壁をはじめ、さまざまな“壁”をどう乗り越えるのか。そして、その先にあるのは、8人の技師たちが選んだ未来とは…。

 さらに、チームラジハ面々の真剣な表情やバタバタ感あふれるショット、病院外での活躍ぶりなどを写したカットなど新場面カットも一挙解禁。唯織と山崎育三郎演じる圭介が対峙するシーン、圭介が妻の夏希(若月佑美)を心配そうに見つめるシーンや杏と房子(キムラ緑子)の楽しそうな食事シーンなど、劇場版のゲストキャストたちがラジエーションハウスのメンバーたちと、どんな形で絡んでいくのかも見どころとなっている。

 また、3月15日10時より全国のローソンLoppiで予約購入ができる、映画グッズ付きチケットの販売が決定。グッズは、3ショット(五十嵐唯織、甘粕杏、広瀬裕乃)のアクリルプレート。さらに、同日より「メイジャー」ムビチケカード型前売券、「ムビチケオンライン」デジタル映画前売券も発売開始する。

 『劇場版ラジエーションハウス』は、4月29日より全国公開。

関連記事(外部サイト)